記事

東大と京大では合格者の質が正反対なワケ

1/3

東京大学と京都大学は入試問題の傾向が大きく異なる。東大は多くの問題を素早く解く必要があるのに対し、京大はじっくり考えさせる問題が多い。京都大学に首席合格した粂原圭太郎氏は「受験の時点で、東大に行く人と京大に行く人は選別されている」という――。

※本稿は、粂原圭太郎『偏差値95、京大首席合格者が教える「京大読書術」』(KADOKAWA)の第4章「『自分で考える力』を育む 連想法」の一部を再編集したものです。

素早く処理する「東大流」、深く考える「京大流」

癌免疫治療薬「オプジーボ」の開発に大きく貢献する発見をしたとして、2018年のノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏は、京都大学時代から「6つのC」をモットーにしていたといいます。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/ra2studio)

その6つとは、好奇心(Curiosity)、勇気(Courage)、挑戦(Challenge)、確信(Confidence)、集中(Concentration)、継続(Continuation)。

現役の京大生を含め、私たち京大OBも同じく「6のC」を求めていたように思います。好奇心があらゆる情報をキャッチし、知識を豊かにさせるのです。

たとえ誰も通らない道だとしても、自分が進もうとする道が正しいと思うなら、それを確信し、挑戦する勇気を持つ。その道を継続して歩き続けるからこそ偉大な結果につながるのだと思います。時にそれは、他校の学生からは「京大はぶっ飛んでる」「超マニアック」などと褒められる(?)原因になります。

東大の入試問題は、分量が非常に多く、素早く処理をしていかなければなりません。一方、京大の入試では、単純な知識問題は少なく、「時間をかけてじっくり考えなさい」という問題が多く出題されます。この点から東大は官僚、京大は研究者というようなイメージがつくのでしょう。受験の時点で、東大に行く人と京大に行く人は選別されています。

本稿では広く浅くではなく、「狭く、深く」を追求する、京大気質ならではの読書術を紹介したいと思います。

東大志望者には「速読」重視の勉強を教える

あらためまして、京大生には広く浅くよりというよりも、「狭く、深く」学ぶという特徴があります。

京大の入学試験によって、そのような人が選ばれているようです。京大入試の英語と東大の英語とを比較してみると、その違いははっきりみてとれます。東大の受験問題は、問題の分量が非常に多く、素早く処理をしていきなさいというものです。一方、京大の受験問題は、暗記問題より頭使って考えさせるものが多く、「時間はたっぷりあるので、しっかり考えてください」というものです。

だから、ただ単に知識を暗記していてもダメで、その知識をどのように応用し、自分なりの答えを導くかということが求められます。基礎知識から発想力を使い、読み解いていく問題が多いのです。京大の受験で重要になるのが、深い知識です。先ほども言いましたが、単に単語を暗記していただけでは、それを応用することができません。

現在、私が運営している学習塾「粂原学園」では、英語を指導する際、東大を受ける人と京大を受ける人では、指導内容を大きく変えています。たとえば、英語をゆっくり読んで理解できるようにする「精読」段階から、「速読」へ移行するわけですが、京大志望の生徒には速読はほとんどやらせません。東大であれば、ある程度精読を終えたら、速読重視の勉強をしてもらっています。

あわせて読みたい

「京都大学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  3. 3

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  4. 4

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  5. 5

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  6. 6

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  7. 7

    「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

    不登校新聞

    04月17日 14:49

  8. 8

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  9. 9

    なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

    階猛

    04月17日 09:13

  10. 10

    名ばかりのオリンピックになっても「開催出来れば、それで成功」

    早川忠孝

    04月17日 18:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。