記事

全国女性シェルターネットによる野田市女児殺害事件への声明

全国女性シェルターネットによる表記の声明が出されている。

千葉県野田市のDV・虐待事件についての声明

子供の虐待死といういたましい事件に世間は今、モラル・パニックの真っ最中であるが、その矛先を母親に向ける傾向が一部であるし、警察も母親を共犯扱いしている。
他方で、児童相談所に対する批判には、反論もある。

しかし、児相の現場職員が限られた資源の中で精一杯やったとしても、職員個人の問題ではなく児相の資源の乏しさ、特に人的体制とか連携体制とかの乏しさまでもが批判されるべきでないということにはならない。
救えなかった原因を職員の対応の不味さに矮小化するのではなく、システムや資源の問題として、その改善につなげていかないと、今後も同じことが繰り返されるだろう。

そして母親については、DV被害者がなぜ逃げないのかという、いつも繰り返される非難の問題性を、この機会に考えてみたらどうであろうか?
子どもの命を救えなかったことから、母親を悪者にしたくなる気持ちは分からないではないが、全く生産的な議論ではないし、当事者にとっては正当でもない。感覚とか素朴な正義感情のみに寄りかかって勇ましい非難を向けるのではなく、この痛ましい事件に関心があるのであれば、この機会にDV被害者の追い込まれた精神状態を勉強してみると良いと思う。単に感覚的に分かれと言っても無理であろう。

例えば、手嶋昭子『親密圏における暴力』(信山社・2016)15頁以下などが端的にまとまっていてわかりやすい。

あわせて読みたい

「野田市の女児虐待死事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  2. 2

    よしのり氏 堀江氏の主張に賛同

    小林よしのり

  3. 3

    感染拡大 政府に翻弄される沖縄

    神里純平

  4. 4

    コロナで他人を攻撃する日本人

    文春オンライン

  5. 5

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  6. 6

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    木下サーカス 収入90%減のピンチ

    BLOGOS編集部

  8. 8

    合流賛成派にも配慮した玉木代表

    早川忠孝

  9. 9

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  10. 10

    小池都知事の思い付き公約に疑問

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。