記事

ゴーン氏の弁護団の交代が意味するもの

まあ、ゴーン氏も迷走していたということだろう。

これまでゴーン氏の弁護人を務めておられた元特捜部長の弁護士と元特捜部長と同じ法律事務所に所属する弁護士の二人がゴーン氏の弁護人を辞任されたようだ。

どなたを自分の弁護人に選ぶかはご本人の自由なので、弁護人が交代したからと言ってそう特別のことではないのだが、著名人の刑事事件で弁護団が途中で交代するというのはやはり珍しい。

被告人と弁護人との意思疎通に齟齬を来たしていた、という証拠だろう。

ゴーン氏にとっては相当厳しい状況になっているはずである。

まず、当分、保釈は認められそうにない。
ゴーン氏としては、一日も早く保釈してもらいたくて検察当局にそれなりに影響力がありそうな元特捜部長の弁護士を弁護人に選任したのだろうが、すっかり当てが外れたというところか。

世間から無罪請負人としばしば称されることがある弁護士が新たに弁護人になっても、そう簡単には状況は変わらないだろう。

ゴーン氏の刑事事件は相当長引きそうだな、というのが率直な私の感想である。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “MMT=バラマキ”という思い込み

    自由人

    01月16日 20:50

  2. 2

    「格別においしいわけじゃない」フランス産ホワイトアスパラが1キロ5000円で売れる本当の理由

    PRESIDENT Online

    01月16日 14:20

  3. 3

    「僕を捨てて」小2で不登校した息子を追いつめた褒める子育て

    不登校新聞

    01月16日 11:41

  4. 4

    津波警報の発令に切り替えた気象庁 臨機応変な対応は見事

    早川忠孝

    01月16日 16:29

  5. 5

    正しく「先送りする力」で高支持率をキープ。岸田内閣の100日間を振り返る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月16日 09:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。