記事

ゴーン氏の弁護団の交代が意味するもの

まあ、ゴーン氏も迷走していたということだろう。

これまでゴーン氏の弁護人を務めておられた元特捜部長の弁護士と元特捜部長と同じ法律事務所に所属する弁護士の二人がゴーン氏の弁護人を辞任されたようだ。

どなたを自分の弁護人に選ぶかはご本人の自由なので、弁護人が交代したからと言ってそう特別のことではないのだが、著名人の刑事事件で弁護団が途中で交代するというのはやはり珍しい。

被告人と弁護人との意思疎通に齟齬を来たしていた、という証拠だろう。

ゴーン氏にとっては相当厳しい状況になっているはずである。

まず、当分、保釈は認められそうにない。
ゴーン氏としては、一日も早く保釈してもらいたくて検察当局にそれなりに影響力がありそうな元特捜部長の弁護士を弁護人に選任したのだろうが、すっかり当てが外れたというところか。

世間から無罪請負人としばしば称されることがある弁護士が新たに弁護人になっても、そう簡単には状況は変わらないだろう。

ゴーン氏の刑事事件は相当長引きそうだな、というのが率直な私の感想である。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。