記事

忘れ去られる陸軍墓地、背景に”戦争の肯定”を避ける気持ちも?朽ちていく墓石の修復に尽力する若き学芸員

1/2

11日、"建国を偲び、国を愛する心を養う"建国記念の日を迎え、都内で行われた式典では、自民党の萩生田光一衆議院議員が「これまで幾多の困難を乗り越え、今日の繁栄の礎を築き上げてきた先人の偉業と弛まぬ努力に改めて敬意と感謝を表したいと思う」と挨拶した。


平成最後の建国記念の日、AbemaTV『AbemaPrime』では、日本人が考えなくてはならない数多くの問題の中から、朽ちていく陸軍墓地について考えた。

■「微力ながら追悼の場所を守る活動の力になれれば」

 大阪市天王寺区にある、真田山陸軍墓地。およそ140年前の1871年、国内初の「陸軍埋葬地」として設置され、西南戦争から太平洋戦争までの戦死者が眠っている。墓石の数はおよそ5100基と、現存する陸軍墓地の中でも全国最大規模とみられている。しかし長い時を経て、墓石にはひびが入っているものや表面が剥離しているもの、さらには倒壊しているもの少なくない。



 大学時代に研究の一環でこの地を調査して以来、「微力ながら追悼の場所を守る活動の力になれれば」と、企業で働きながら墓地の維持に努めてきたのが、「真田山陸軍墓地維持会」の学芸員・永田綾奈さん(29)だ。


 遺族の高齢化も進み、無縁仏も増加。終戦から2年で発足した維持会も、今は有志によって運営されている。「私が存じ上げている遺族は10〜20組以下。遠方から来られる方もいるが、ご高齢になるとここまで来るのも大変なので、維持会に任せると言われる方もいらっしゃる。普段は参拝される方もほとんど見かけることはない。地域の人たちあまり存在をご存知なく、説明もないので素通りしてしまう。普段は小さな通用門から出入りする状態」。番組にも、視聴者から「40年以上前の話なのですが、真田山陸軍墓地は私たちの遊び場、秘密基地でした。当時もお参りしている人や花・お供えがあるのを見たことはありません」というコメントが寄せられた。


 これまで維持会ではボランティアの協力を得ながら清掃活動を続け、寄付金をもとに年間50基ほどの改修に努めてきた。しかし状況を抜本的に改善するまでには至っていない。「やはり数が多いのと、劣化のスピードも速いので追いつかない。中には墓らしい状態で立っていないひどい状態のものもある」。


 永田さんによると、昨年9月に大阪地方を襲った台風21号の風によって周囲の木々がなぎ倒され、55基が倒壊した。また、戦時中の金属供出のため、木材で建設された納骨堂も屋根が歪んで瓦は落ち、雨漏りをしている状態。地震が来れば倒壊してしまう可能性があるという。「地震が起きた時に骨壷が落ちてしまわないよう、ベニヤ板を張らせて頂いている」。




あわせて読みたい

「建国記念日」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  4. 4

    堀江氏の恋愛論 ケチはモテない

    GOETHE[ゲーテ]

  5. 5

    水沢アリーが暴露したTV業界の闇

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「面接大喜利」得意な学生は淘汰

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    糖質制限をめぐる異なる説に困惑

    諌山裕

  8. 8

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  9. 9

    老人より事故多い若者 対策急げ

    毒蝮三太夫

  10. 10

    丸山議員「絶対に辞められない」

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。