記事

OPEC、大幅減産を実施 19年世界需要見通しは引き下げ=月報


[ロンドン 12日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は12日に発表した月報で、原油需要の低迷などが逆風となる中、世界的な減産協定に基づき大幅な減産を実施したと発表した。

1月のOPEC産油量は前月から日量約80万バレル減の3081万バレルとなった。

OPECは月報で、2019年の世界経済成長率見通しを0.2%ポイント引き下げ3.3%とし、世界的な貿易鈍化などが逆風になると強調。原油価格の回復や米中貿易交渉進展の可能性、米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締め姿勢の後退などポジティブな材料が世界経済をサポートするが、「これらが世界経済を成長率予想以上に押し上げることはない」とした。

月報によると、1月に最も減産を実施したのはサウジアラビアで、日量35万バレルに達した。

ロイターの試算によると、OPECの減産協定順守率は1月時点で86%と過去と比べ高い水準にある。サウジが自発的な減産を実施していることで、順守率は今後数カ月で上昇する公算が大きい。

サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙に対し、3月に日量980万バレル程度を生産する計画だと明らかにした。同水準はサウジの産油目標を50万バレル超下回っている。

また減産免除国のイラン、リビア、ベネズエラが一段と減産すれば追い風となる。

月報では、19年の原油需要見通しを日量3059万バレルと前回から24万バレル引き下げた。経済鈍化が需要を抑制するという。

また19年の世界原油需要の伸び見通しを日量124万バレルと前月発表から5万バレル引き下げた一方、OPEC非加盟国の増産予想は日量218万バレルと前回から8万バレル以上引き上げた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋被疑者のさん付け報道に怒り

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    なぜ「上級国民」を逮捕しないか

    深澤諭史

  3. 3

    10連休混雑は? 渋滞予報士ズバリ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    池袋暴走 高齢者に甘い日本社会

    猪野 亨

  5. 5

    セブン騒動でコンビニ崩壊危機も

    大関暁夫

  6. 6

    カレー事件 死刑囚長男の違和感

    篠田博之

  7. 7

    田原総一朗氏「元号必要なのか」

    田原総一朗

  8. 8

    党首が無職 パワーワードな政党

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    堺市長辞任 追及せぬ議会の事情

    橋下徹

  10. 10

    富士通45歳リストラは少子化招く

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。