記事

安倍首相、日米交渉での数量規制の可能性について明言避ける


[東京 12日 ロイター] - 安倍晋三首相は12日午後の衆院予算委員会で国民民主党の後藤祐一委員から、日米通商交渉でカナダ・メキシコのように自動車輸出の数量規制を受け入れる可能性を問われ、「いかなる協定も世界貿易機構(WTO)ルールと整合的であるべき」などと答弁し、明言を避けた。農産品に関しても「国益に反する合意するつもりはない」と答えた。

交渉を担当する茂木敏充経済再生相もWTOルールと整合的でない合意をするつもりはないとしたうえで、交渉では相手側の情報を多く収集し自分の手の内をさらすことで国益を害することは避けたいと述べ、日本側の交渉姿勢について明言を避けた。

(竹本能文※)

あわせて読みたい

「貿易摩擦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室騒動招いた宮内庁の調査不足

    毒蝮三太夫

  2. 2

    不摂生後悔…堀ちえみガンと闘う

    渡邉裕二

  3. 3

    日本の信頼落とす中国パクリ企業

    メディアゴン

  4. 4

    大川長男 脱会原因は清水富美加

    文春オンライン

  5. 5

    日本企業の英国撤退 次は韓国か

    早川忠孝

  6. 6

    24時間営業に固執 コンビニの闇

    猪野 亨

  7. 7

    両陛下と秋篠宮さま 緊迫の90分

    女性自身

  8. 8

    よしのり氏 安倍首相は平和ボケ

    小林よしのり

  9. 9

    全荷物を機内持ち込みにする利点

    内藤忍

  10. 10

    ホンダ イギリス工場撤退の衝撃

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。