記事

【読書感想】その落語家、住所不定。 タンスはアマゾン、家のない生き方

1/2

その落語家、住所不定。 タンスはアマゾン、家のない生き方 (光文社新書)
作者: 立川こしら
出版社/メーカー: 光文社
発売日: 2019/01/18
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

その落語家、住所不定。?タンスはアマゾン、家のない生き方? (光文社新書)
作者: 立川こしら
出版社/メーカー: 光文社
発売日: 2019/01/25
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容(「BOOK」データベースより)
身一つで世界中の落語会を飛び回る、家さえ持たない究極のミニマリストである著者が、自らの生き方哲学と実践を初めて明かす。

 堀江貴文さんが、特定の「家」を持たずに、ホテルを転々として生活している、というのを以前、聞いたことがあるのです。

 ただ、堀江さんの場合は、お金持ちだから、そういう生活ができるんだよな、と僕は思っていたんですよね。

 やっぱり、ホテル住まいとなると、お金もかかるし、自分の家や部屋に比べると、落ち着かないような気がします。

 いつも綺麗に掃除してもらえたり、新鮮な気分になれる、というメリットはあるかもしれないけれど。

 この本の著者である立川こしらさんは、立川志らくさんの弟子で、立川流の真打の落語家です。

 真打というのは、落語家の世界では一人前と認められている存在であり、こしらさんも、落語で食べている人なのです。

 読んでいると、落語だけではなくて、さまざまな「サイドビジネス」にも手を出していて(とはいっても、「あやしげなネットサロンやねずみ講みたいなものではないのですが)、落語の仕事+ネットやパソコンの知識を活かしての小商いで、いろんな場所を移動しながら生計を立てている、という感じ。

 そうか、今の世の中、こんな生き方もできるのだな、と思いながら読みました。

 もちろん、同じ会社に週5回とか6回通うような人生であれば、定住したほうが、気分的にも、コストの面でもラクだとは思うのですが、こういう「移動生活」のほうがストレスから解放される、という人も少なからずいるのではなかろうか。  

 昨夜、VPC(ネットワーク越しに借りている海外のパソコン)でエンコード(映像などアナログ情報をデジタル情報に変換すること)をかけていた動画ができあがっている。

 スマホにダウンロードして、荷造りをして米沢駅へと向かう。

 ノートパソコンを持ち歩くことはない。小さく軽く高性能と言われても、ノートパソコンはデスクトップのパソコンには敵わない。それならばいっそのこと、デスクトップを持ち歩くほうが粋である。VPCのサービスとスマホはそれを可能にしてくれるのだ。

 新幹線で東京へ向かう車内で、未完了だったモバイルバッテリーの充電を行い、アマゾンで下着と、私のオリジナルグッズ(手拭い)を注文する。送り先は次の仕事先である名古屋だ。

 品物は名古屋へ、私は大阪へと向かう。

「寝るためだけに家に帰ってるようなもんだよ」

 こういう忙しい人をたまに見かける。

 私は睡眠時間の大半を移動中にまかなっている。眠くなったら移動するのだ。新幹線でも飛行機でもいい。

 何日も前から予約すると安くなるというチケットがあるが、私からすると安くない。行動を縛られてしまうことの機会損失の方が、よっぽど痛手である。

 どこかに行きたい、誰かに会いたい、何かを食べたい――。

 何でもいいのだ、わずかでも湧き上がる衝動があれば、それこそが道標になるのだから、素直に従えばいい。文明に圧迫されている今だからこそ、わずかに残る本能を掘り起こさなくてはいけない。

 それもこれも、家を持たないからこそ選択肢が広がるのだ。

 場所に縛られない大きな要因は、インターネットの充実だ。

 しかし、気軽にネット通販が利用できるからといっても、そこには人の気持ちが存在する。

 落語会で「アマゾンでネット注文してくださいな」とオリジナル手拭いの宣伝をするより、会場で直接手売りする方が興味を示してくれるのだ。

 そこは品物でなく、心と心の触れ合いだから。

 在庫はアマゾンの倉庫(正確にはフルフィルメントセンター)に置いておけばいい。そしてそこから必要な分だけ引き出せばいいのだ。

 陳列販売と在庫管理を同時にこなせるのは、通販の発達と、日本の配送システムが優秀だからこそだろう。

 大阪に到着して、Airbnbで近そうな宿を予約する。

 夜は、落語会だ。

 それまでの時間、喫茶店で仮想通貨の値動きをチェックしたり、ネットゲームをやったりして息抜きの時間を積極的に作る。

 この「息抜き」も仕事につながっていくのが私の特性だ。

 仮想通貨研究家としてラジオ番組(文化放送)に呼ばれたりするから、息抜きも大切なのである。


 著者のなかでは、仕事と息抜き(遊び)の境界が曖昧というか、ある意味、すべてが仕事になっている、とも言えるのです。

 僕自身は、電車や飛行機の中では、なかなか寝付けず、眠っても疲れが取れないので、こういう生活は、ちょっと難しいかな、とも思うのですが。

 こしらさんは、食事はすべて外食で、地方に滞在しているときも、「ファミレスやコンビニで良い」と仰っています。「食に対するこだわりが皆無」というのが最大の武器だと思っているそうです。

 読んでみると、今の世の中というのは、ネットの発達もあって、定住しなくても十分に生活できる、ということがわかります。

あわせて読みたい

「落語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋被疑者のさん付け報道に怒り

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    なぜ「上級国民」を逮捕しないか

    深澤諭史

  3. 3

    10連休混雑は? 渋滞予報士ズバリ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    池袋暴走 高齢者に甘い日本社会

    猪野 亨

  5. 5

    セブン騒動でコンビニ崩壊危機も

    大関暁夫

  6. 6

    カレー事件 死刑囚長男の違和感

    篠田博之

  7. 7

    田原総一朗氏「元号必要なのか」

    田原総一朗

  8. 8

    党首が無職 パワーワードな政党

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    堺市長辞任 追及せぬ議会の事情

    橋下徹

  10. 10

    富士通45歳リストラは少子化招く

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。