記事

原油は小幅上昇、OPEC減産や米国のイラン・ベネズエラ制裁で


[シンガポール 12日 ロイター] - アジア時間の原油先物は小幅に上昇している。石油輸出国機構(OPEC)主導の供給削減のほか、米国によるイランやベネズエラへの制裁が支援材料。一方、米国の生産増や、経済成長を巡る懸念が上値を抑制している。

0102GMT(日本時間午前10時02分)現在、米WTI原油先物<CLc1>は0.09ドル(0.2%)高の1バレル=52.50ドル。

北海ブレント先物<LCOc1>は0.18ドル(0.3%)高の1バレル=61.69ドルで取引されている。

米銀JPモルガンは顧客向けのリポートで「原油市場は現在、米中通商協議に注目しており、サプライサイドのリスクが織り込まれていない。ベネズエラ産原油の喪失リスクを無視している」と指摘。米中協議で前向きな結果が出た場合には、原油市場の「関心は将来の需要の伸びに影響するマクロ的な懸念から、実際の引き締まりや足元の供給に影響する地政学リスクへと移っていくだろう」としている。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  8. 8

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  9. 9

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。