記事

ヴァーレ、決壊ダムの危険性を昨年10月時点で認識


[ベロオリゾンテ(ブラジル) 11日 ロイター] - ブラジル資源大手ヴァーレ<VALE3.SA>は、1月25日に決壊事故を起こしたミナスジェライス州ブルマジニョの同社の鉱滓ダムについて、昨年10月の段階で危険性を認識していたことが判明した。ロイターが11日、決壊リスクを指摘していた内部報告書の存在を確認した。

報告書は2018年10月3日付で、ヴァーレがこのダムの危険度は同社の安全基準で許容できる最大リスクの2倍あると認定していた。

ヴァーレはコメント要請に回答していない。ただ以前に、昨年公表した外部監査でこのダムの安全性が宣言され、決壊の数週間前まで構造が安定していたと説明している。

それでも今回初めて、ヴァーレがダムの安全に懸念を持っていたことを示す証拠が出現した。これにより、内部報告書とほぼ同じ時期になぜ外部監査がダムの安全性にお墨付きを与えたのか、またなぜ同社が決壊予防の措置を講じなかったのかが問われる形になった。

ダム決壊では少なくとも165人が死亡しており、鉱山関連としては過去3年で2番目の大きな事故となった。

あわせて読みたい

「ブラジル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜ「上級国民」を逮捕しないか

    深澤諭史

  2. 2

    池袋被疑者のさん付け報道に怒り

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    セブン騒動でコンビニ崩壊危機も

    大関暁夫

  4. 4

    木嶋佳苗は魔性 新潮社員が吐露

    キャリコネニュース

  5. 5

    国民党と自由党の合流決断は当然

    猪野 亨

  6. 6

    10連休混雑は? 渋滞予報士ズバリ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    「暇」は会社の拘束時間が生む

    Yamada_nt

  8. 8

    池袋事故 SNSの削除は罪証隠滅か

    深澤諭史

  9. 9

    現金不可の楽天球場に売り子不満

    PRESIDENT Online

  10. 10

    「バイキング」 瀧報道で失速か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。