記事

AIJ問題が浮かび上がらせた、金融後進国の悲しい現実〜騙す方も、騙される方も、追及する方も、報道する方も、みんなアマ

「AIJ投資顧問の年金消失問題を巡り、厚生年金基金によるずさんな運用実態が浮かび上がってきた。厚生労働省によれば、AIJ投資顧問に投資実績のある88基金のうち22基金(25%)が金融証券取引法上の『プロの投資家』と自称し、詳細な商品説明を省くなどしていた」

3日日本経済新聞は、「底流 ■虚偽説明うのみにした基金 AIJ問題 自称プロの盲点」という記事を掲載、その中でこのように報じている。

「AIJと契約した厚生年金基金などは、法的にはプロの投資家だ」(2月25日付)、金融庁は多くの企業年金を『プロ投資家』と扱う現行の仕組みを見直す検討に入る」(2月28日付)「金融庁は多くの企業年金を『プロ投資家』とする現行規定を見直す方針だ」(3月15日付)、

日本経済新聞は、AIJ問題が発覚して以降、一貫して「企業年金は金融証券取引法上の『プロの投資家』である」という誤った主張を繰り返して来た。その日本経済新聞が、どのような心境の変化があったのか分からないが、これまで散々「企業年金はプロ投資家」と報じてきたことが誤りであったことには一切触れずに、3日になって突然宗旨替えし、AIJ投資顧問に投資実績のある88基金のうち、金融証券取引法上の「プロの投資家」と自称していたのは22基金(25%)に過ぎなかったと報じている。

この厚かましさは、さすがは「年金顧客評価調査」でAIJ投資顧問をトップに評価したのち、2009年2月になって、「名指しは控えたものの、読者がAIJだと気付くことを前提に、『日本版マドフ』への警戒を促していた」と、しゃあしゃあと主張する格付投資情報センター(R&I)の親会社といったところ。

日本経済新聞は、「虚偽の説明うのみにした基金」という見出しを掲げ、企業年金基金側の判断能力の低さを暗に批判している。しかし、「企業年金基金が法的にプロの投資家」であるか否かといった、調べれば直ぐに分かるはずの事実に関して、1か月以上も誤って伝えていたということは、日本経済新聞が、「誤った情報を鵜呑みにしていた」ことの証左である。こうした日本経済新聞に年金基金を批判する資格があるのだろうか。

超大型台風並みの「爆弾低気圧」が日本列島を襲ったことで、すっかり小さな報道となってしまったが、3日には参議院の財政金融委員会で、AIJ問題の参考人質疑が行われた。

「質問の意味がよくわかりませんが…」

参考人は、民主党の「年金の運用管理に関するワーキングチーム(WT)」の座長である蓮舫議員や、1998年から2005年まで外資系証券会社のエコノミストとして活動していた佐藤ゆかり議員の、無知な質問に対して、何回も回答に窮しこのように返答した。

それもそのはず、両議員が繰り出す質問は、ファンドの仕組み、要するに金融を全く理解していない的外れのもののオンパレード。蓮舫議員は「信託報酬」と「販売手数料」の区別もついていないし、エコノミストだったはずの佐藤ゆかり議員は「簿価」と「時価」の区別もついていなかった。

これでは、委員会での追及に対して想定問答を繰り返して来ただろう参考人が返答に窮してしまうのも当然である。知識のない人間の的外れな質問に対する想定問答など準備するわけがないからである。

蓮舫議員は、「監査報告書というのは、唯一客観的な数字」と断言していたが、これは全くの間違い。監査報告は、アドミニストレーターが算出する数字(NAV)が、正当なプロセスを経て出された「公正価格」であることを証明するもので、監査法人が客観的数字を出すわけではない。しかも、監査報告は年に1回程度しか行われないので、蓮舫議員の主張に従うと、外国籍投資信託のNAVは、年に1、2回しか「客観的な数字」が出されないことになってしまう。これでは、年に1、2回しか販売出来ないので、ビジネスとしては殆ど成り立たない。

そのほか、「作成した資産がどんどん水膨れしていって、実態はお金が無いわけですから、(AIJが算出した価格に基づいてアイティーエム証券に支払う報酬が)払えなくなってさらにそれで数字を作ったということはないですか」という質問に至っては、金融知識の有無とは関係なく、論理的思考が出来ないことを露呈したもの。

正しい純資産に基づいて報酬を受け取っていたAIJ投資顧問が、水増しした純資産に基づいてアイティーエム証券に報酬を払っていたとしたら、支払い超過になってしまうのではないか、という主旨の質問だったと思われるが、「(アイティーエム証券に支払う報酬が)払えなくなってさらにそれで数字を作る(水増しする)」ということは、AIJにとって、さらにアイティーエム証券に支払う報酬を増加させる自殺行為である。従って、AIJ投資顧問がアイティーエム証券に支払う報酬が足りなくて困った場合にとるのは、純資産のさらなる水増しではなく、減少でなければならない。

この非論理的な質問を浴びた浅川AIJ投資顧問社長が「質問の意味がよく分かりませんが…」と返答するのも当然である。

これだけ低レベルの蓮舫さんでも与党のWTの座長が務まっているのは、民主党が相当人材不足にあるのか、AIJ問題を軽く考えているのかのどちらかである。

「持ち分の簿価評価は誰が行っておりましたか」、「アイティーエム証券として簿価の価格を評価し受託銀行のHSBCに提出していた」

蓮舫氏に続いて質問に立った佐藤ゆかり議員の質問も、かつて外資系証券会社でエコノミストをしていたとは考えられない素人質問であった。

「簿価の評価」とは何なのだろう。「簿価」は基本、購入価格であり、資産を水増しするために行うのは「時価評価」である。100円で購入したもの(簿価100円)を、200円と評価するから純資産の水増しが出来るのである。純資産はあくまで現時点の価格である「時価評価」で行われるのが原則である。

簿価100円のものを、簿価200円に評価しても、ファンドの純資産を水増しすることは出来ない。また、簿価100円の資産時の「時価」が100円の時、「簿価」を50円に引き下げても、利益が50円(=時価100円-簿価50円)出るかもしれないが、純資産(時価)はあくまで100円なので、純資産の水増しにはならない。

こうした単純なことも元エコノミストは理解出来ていなかったようである。「HSBCが監査法人に、その数値を、投資組合の簿価評価を合算して、他の水増しされた真正NAVと同時に監査法人に提出していたという流れだと思います」という発言に至っては、全くの意味不明。ご本人はこうした発言をし、自分だけで納得して次の質問に移っていった。

こうした素人発言を繰り返す中でも、「リスクを管理して有限責任にするための仕立てでありまして、これは通常よくやることであります」と、如何にも自分が金融に精通しているかのようなイメージを与える発言をするところが、彼女らしいところ。

それでも、知識のない議員が的外れな質問を繰り返し、参考人に喋らせることで、参考人発言の矛盾が浮かび上がって来たことは、一つの成果。浅川社長が運用に関する知識も、デリバティブに関する実務も知らないことは一連の発言から明らかになった。おそらく、AIJ投資顧問の浅川社長は殆どまともに運用などしておらず、今回のスキームは年金基金から集めた資金を、どこか所定のところに流すために使われていた可能性が高いと思われる。

3日の参考人質疑も、「素人×悪党=政治的パフォーマンス」を証明するような中身の乏しいものであった。「素人」国会議員にとって「想定外」だったことは、「爆弾低気圧」のせいで、必死の「政治的パフォーマンス」がメディアで殆ど取り上げられなかったこと。しかし、無知ぶりを広く知られなくて済んだともいえる。

「爆弾低気圧」の影に隠れてしまったが、「騙す方も、騙される方も、追及する方も、報道する方も、みんなアマ」という、金融後進国日本の悲しい構図が十分に露呈した一日であった。

あわせて読みたい

「AIJ投資顧問」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  6. 6

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  7. 7

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  8. 8

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  9. 9

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  10. 10

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。