記事

統一地方選、参院選に向け「われわれはブルーオーシャンを目指す」と枝野代表 全国幹事長・選挙責任者会議を開催

1/2

 立憲民主党は11日、全国幹事長・選挙責任者会議を東京都内で開催。統一地方選挙、参院議員選挙に向けた取り組み状況等を確認しました。会議には、徳島、高知の両県連を除く40都道府県連、70人が参加しました。

 冒頭のあいさつで枝野代表は、「直前に迫った統一地方選挙で一人でも多くの候補予定者が当選につながるよう、また参院議員選挙に向けても準備を進めていくに当たって課題と取り組みを共有したい。立憲民主党に頂いている期待や、われわれの役割とは何かを全国の仲間の皆さんと共有したい」と会議の趣旨を説明。その上で、2017年の衆院総選挙で国民の皆さんに背中を押していただいて結党したという、立憲民主党の原点にあらためて立ち返り、「私たち立憲民主党は、それまでの永田町の常識や前提の外側にある、新しいフィールドに新しい家を建てているということを忘れてはいけない。永田町の内側を向いて永田町の常識に縛られた行動、活動をしていたのでは一昨年の衆院総選挙で全国で1100万の比例票をいただいた皆さんのご期待に答えることは到底できないと考える」と述べました。

 経営学の用語で、既存市場のことを「レッドオーシャン」、競争のない未開拓市場のことを「ブルーオーシャン」ということを紹介し、「われわれはブルーオーシャンを目指す政党だ」と表明。現実に有権者の約4割が投票する政党がないといって選挙を棄権しているとして、「こうした方々に既存の政治とは違う、今までの永田町の内側を向いた政治とは違うというメッセージと行動をしっかり示す、政治の側が近づくことに寄って投票所に足を運んでもらう。そのことが、これから始まる戦いに向けた大きな戦略的な立ち位置ではないか。ベースとなる足腰の活動をしっかりやっていただくことは大前提だが、同時に新しいマーケット、いま政治に不信を持っている皆さんにしっかりと働きかけることをそれぞれの地域で進めれば一定の成果を挙げられる政治状況にあると思う。われわれの立ち位置、政治姿勢のベースを各地の皆さんに共有をしていただき、ブルーオーシャンに新しいさまざまな展開は大きく広がっているという自信を持って前に進んでいきたい」と訴えました。

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  3. 3

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  4. 4

    新型iPhone発売も内外から逆風

    ロイター

  5. 5

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  6. 6

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  7. 7

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

  8. 8

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  9. 9

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  10. 10

    読売の陰謀? 続くプロ野球不祥事

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。