記事

女子アナが続々独立、最も需要あるのは小川彩佳アナか

フリー転身後の期待も高い小川彩佳アナ

 女子アナの独立が相次いでいる。2月8日、テレビ朝日の小川彩佳アナ(33)が一般男性との結婚を発表し、3月限りで退社することを明かした。小川アナは2011年4月から昨年9月まで7年半にわたって『報道ステーション』のキャスターを務めた。テレ朝では『羽鳥慎一モーニングショー』を担当する宇賀なつみアナ(32)も3月末に退社することが決まっており、同局はいきなり2人の看板アナを失うことになる。

 TBSも2人の人気アナが去る。吉田明世アナ(30)は既に1月末で退社し、サザンオールスターズや福山雅治などが所属する芸能事務所『アミューズ』へ。宇垣美里アナ(27)も3月末で退社し、米倉涼子や武井咲などが所属する芸能事務所『オスカープロモーション』入りが濃厚とされている。

 近年、各局のエースアナが続々とフリーになっている。2014年にはTBSから田中みな実アナ、2016年にはフジテレビから加藤綾子アナ、2018年にはNHKから有働由美子アナが独立した。だが現状、彼女たちの活躍は局アナ時代ほど目立っていない印象だ。テレビ局関係者が話す。

「加藤綾子アナの場合、バリバリ働いた局アナ時代にほとんどなかった休みをキッチリ取りたいという意図もあっての独立ですし、また、テレビに出るだけが女子アナの仕事ではありません。必ずしもテレビにたくさん出ることが成功というわけではない。

 田中みな実アナは『帯番組をできないなら……』とフリー転身を決意したと聞いています。『anan』での“肘ブラヌード”で披露したり、本格的に女優デビューしたりと話題には事欠きません。TOKYO MX『ひるキュン!』のMCとして平日の昼も出ずっぱりです。頑張っていると思いますが、期待が高いだけに物足りない印象があるのかもしれません。

 有働由美子アナは日本テレビ系『news zero』のキャスターに抜擢されたが、まだ民放に馴染んでいる感じはしない。ニュースは定着するまで時間がかかるので、これからでしょう」(以下同)

 この春から新たにフリーアナとなる、吉田明世アナ、宇賀なつみアナ、宇垣美里アナ、小川彩佳アナらはどうなるか。

「1990年代まではフリーに転向して成功する女子アナも目立ちましたが、ここ数年はそのような傾向は見られない。2010年代に入ってから、AKB48や乃木坂46のようなグループアイドルが激増し、バラエティタレントやお笑い芸人などにも女性が増加した。彼女たちが、以前フリー女子アナが担っていたアシスタント枠を奪っていることも原因の1つでしょう。

 そんな女性芸能人たちも、報道には進出していない。新たにフリーになる4人の中で、バリバリの報道キャスターを経験しているのは小川アナだけ。ゆっくり休養したいという思いもあるでしょうけど、彼女への需要は今春フリーになるアナウンサーのなかで、最も高いと思われます。

 報道のできる局アナを育てるのも時間がかかるし、新卒採用で報道の即戦力を求めるのは無理。女子アナ界で、いま最も求められている分野なのに、素材があまりいない。実は、ニッチな分野なんです。彼女は自分から売り込まなくても、引く手あまただと思います」

 局アナ時代、“視聴率の獲れる女子アナ”という評価もあったカトパンこと加藤綾子アナですら、フリーになってからのレギュラー番組はあまり続いていない。

「独立後、約1年はフジテレビ以外に出ないという約束になっていたという情報があります。ご承知の通り、フジは視聴率不振に苦しんでいる。独立直後の1年間、フジ以外に出られなかったことでスタートダッシュをかけられなかった。実際、局アナから時代から続いたフジのレギュラー『クイズやさしいね』『スポーツLIFE HERO'S』、フリー転向後のレギュラー『クイズ!金の正解!銀の正解!』はいずれも既に終了しています」

 女子アナに限らず、テレビ出演者は旬が求められる。いつまでも高い人気を保つのは至難の業である。

「同じ局アナ出身でいえば、日本テレビの看板番組『ズームイン!!SUPER』の司会を務めていた羽鳥慎一アナは、退社の翌週にテレビ朝日で『モーニングバード』のメインキャスターに就任するという“荒技”を成功させ、現在も『モーニングショー』と名前を変えて同じ枠で放送を続けています。少しも休まなかったことが功を奏した良い例です。

 逆に、『ニュースステーション』(テレビ朝日系)で18年半も高視聴率を続けた久米宏アナは1年の充電後、日本テレビの『A』でテレビ復帰した。しかし、視聴率は芳しくなく、わずか2か月で番組終了の憂き目にあった。小川アナも本当はゆっくりしたいでしょうけど、秋の改編でレギュラーを持てるかどうかが成功のカギになると思います」

 群雄割拠のフリー女子アナ界で成功するのは誰か──。

あわせて読みたい

「アナウンサー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  3. 3

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  4. 4

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  5. 5

    堀江氏が村上世彰氏を痛烈に批判

    女性自身

  6. 6

    西内まりやを巻き込んだ巨額詐欺

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小嶺麗奈「少し浮いてた」の声も

    女性自身

  8. 8

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  9. 9

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  10. 10

    HUAWEI排除 米が韓国に再三要請

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。