記事

辻元清美議員の擁護は、左翼のダブルスタンダード? 一体、何と比べているのか このような言い掛かりに気をつけてね

 

辻元清美議員が韓国籍の弁護士から献金を受けていた問題では、同議員は指摘された後、速やかに返金し、修正を行い、問題を解決しています。

辻元議員が修正も返金もしません、というのであれば現行法上は違法ということにはなっていますから、それは立憲民主党としての指導も必要となるでしょうし、辻元氏自身も追求されます。
 しかし、すでに返金も含め修正済みです。
 これはその程度の問題です。修正すれば済む話で、それ以上にどうにかしなければならない問題ではありません。
 だから、なおも執拗に辻元議員を批判する人たちっていうのは、一体何だろうと思うわけです。特定の層の人たちでしかないのですが、こうしたことがあたかも大問題であるかのようにがんばっちゃっている人たちがいるので、私も自分の意見を述べています。
辻元清美氏の外国人からの献金問題など大騒ぎすることではない マスコミの印象操作に欺されないで

 これを「左翼弁護士が辻元を擁護している」みたいに言われてしまうと苦笑いというか、別に擁護しているというわけでもないのですが、誰が当事者であろうと同じなんですが、一部のマスコミとネット界の異様な大合唱が聞こえてきたから述べてみただけです。

 このような私の意見に対しては、左翼のお得意のダブルスタンダード(ダブスタ)だというコメントも散見されました。
 ダブルスタンダードとは、事案としては類似しているのにそれぞれ異なる対応をしているということですが、要は、立憲民主党の辻元清美議員には寛大で、自民党の●●議員(たくさんいすぎて困ります)は厳しく追及するということのようです。



 政治資金規正法違反の案件は多々ありますが、その中で外国籍(特別永住資格者)からの献金問題で辞職を要求された自民党議員はいましたか。
 私の記憶ではそのような追求を受けた自民党議員はいなかったようにも思いますが、私自身がそのような批判を展開したことはありません。自民党議員であろうと修正すれば済む話ですから、それが追求の対象になるとは考えてもいません。

 昨今、話題になっている片山さつき氏の秘書問題は、秘書が~では済むような内容ではありませんが、カネがまつわる話は自民党議員は数多くありますが、ケタも違えば性質も違います。個別に特定の見返りを求めているのではないかということがはっきりとうかがわれるからです。こうした案件と辻元氏の問題を類似事案と言われても、いくら何でもそれは違うでしょということ、つまりダブルスタンダード(ダブスタ)にもなっていませんよ、その批判は当たっていませんよ、ということです。

 逆に「辻元、辞めろ」と言っている人たちは、自民党議員のカネにまつわる問題について批判を「殺到」させたりすることはあるんだろうか、とついつい思ってしまいます。
 あるいは自民党議員が韓国籍の特別永住資格者に献金を受けていたと知ったら、やっぱり同じように嫌韓思想に基づいて悪罵を投げつけるのだろか、それともこの極右思想の大日本帝国万歳のこの「議員」ははめられた(悪意をもった特別永住資格者が献金した)とでも言うんだろうか、こういった層の人たちのことの発想などどうでもいいのですが。

 カネにまつわる問題でいえば、立憲民主党などの野党支持層は、当然のことながらカネの問題には厳しいです。野党議員であれば票は逃げます。逆に自民党支持層は特に自民党議員のカネにまつわる話には全くもって「寛容」です。

 いずれにせよ、こうした一部の特定層の人たちからの「ダブスタだ!」みたいな言い掛かりには根拠はなく、相手にする価値もないということです。

あわせて読みたい

「辻元清美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  3. 3

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  4. 4

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  5. 5

    堀江氏が村上世彰氏を痛烈に批判

    女性自身

  6. 6

    西内まりやを巻き込んだ巨額詐欺

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小嶺麗奈「少し浮いてた」の声も

    女性自身

  8. 8

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  9. 9

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  10. 10

    HUAWEI排除 米が韓国に再三要請

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。