記事

日EU経済連携協定:経済の成長へつなげる

先週、2月1日に日EU経済連携協定が発効しました。

日本とヨーロッパの間で、人口6億人、世界のGDPの約3割、世界の貿易の約4割を占める、世界で最大級の規模の自由な先進経済圏が新たに誕生しました。

実質GDP押上効果は約5兆円と見込まれ、日本経済を力強く牽引することが期待できます。

日本から輸出する主要工業製品の約9割の関税が即時撤廃、最終的には工業製品全体の関税が完全に撤廃されるなど、日本の輸出産業にとって大きな追風です。

日本から輸出する農林水産品も、ほぼ全ての関税が即時撤廃され、日本食への注目が高まる中で、5億人を超えるEU市場に向け、農林水産物の輸出を増やす大きなチャンスとなります。

また、ワインやチーズが安く輸入できるなど、消費者にとっても恩恵があります。

また、世界で保護主義的な動きが広がる中、基本的価値を共有する日本とEUが、自由貿易を力強く前進させていくとの揺るぎない政治的意思を全世界に対し示す、戦略的意義もあります。

昨年末にはTPP11協定が発効しました。

人口5億人、GDPの約13%、貿易総額5兆ドル、実質GDP押上効果約8兆円という、もう一つの巨大な経済圏を実現させるものです。

世界的に保護主義が台頭し、アメリカが離脱した中で、日本がリーダーシップを発揮して自由で公正な21世紀型の新しいルールを作り出した、我が国にとっても、アジア・太平洋地域の将来にとっても大きな一歩となるものです。

協定に先立って総合的なTPP等関連政策大綱を定めるなど、農林水産業の体質強化対策や経営安定対策といった万全の国内対策を講じていきます。

日EU経済連携協定とTPP11協定をアベノミクスの「新しいエンジン」として日本経済の成長につなげてまいります。

あわせて読みたい

「日欧EPA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ氏の「不機嫌」外交術

    井戸まさえ

  4. 4

    日米蜜月にケチつける日本の新聞

    門田隆将

  5. 5

    トランプ歓迎 国民性出た千秋楽

    早川忠孝

  6. 6

    安倍首相だけがトランプ氏と緊密

    城内実

  7. 7

    安倍首相はトランプ接待の達人か

    内藤忍

  8. 8

    トランプ接待は国民に利点ない

    階猛

  9. 9

    米中の貿易戦争は日本にチャンス

    田原総一朗

  10. 10

    結婚式のスピーチ 秘訣は緊張感

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。