記事

原宿の店舗で買える偽シュプリーム 若者が気付かないリスク


【若者の街で、当たり前のように購入できる偽ブランド品】

 偽ブランド品を「そういうファッション」だと売りさばく業者が存在する。若者たちは少し前まで、それが偽物ではなくファッションだと思って受け入れてきたが、最近では一段階すすみ、「偽物でもわからないから」購入する人が少なくない。偽物を持つのは恥ずかしいという気持ちは、コピー天国と呼ばれる中国からの人々のほうが強いようだ。ライターの森鷹久氏が、偽ブランド品をめぐる意識の変化についてレポートする。

 * * *

「あったー! やっぱ超かわいい!」

「"コレ"と比べても全然わかんなくない?」

 女子高生らしき若い女の子二人がショッピングを楽しんでいたのは、東京・渋谷区内の雑居ビルにあるアパレル店。一見すると「セレクトショップ」と呼ばれるような、様々なブランドの雑多なアイテムが並ぶ「オシャレな店」だが、一部の商品には値札が付いていない。それどころか、入り口には店名の看板すら確認できず、店員はアジア系の外国人で、拙い日本語で言葉少なに最低限の接客をするのみだ。買い物を終え、店を出てきた女の子A子さんとB子さんに話を聞いてみると…。

「偽モノなんですよね(笑)。今日買ったのは“バレンシアガ”のキャップ。実はB子が本物を持っていたので比べて見て、全然わかんないから買っちゃいました。値段は5000円だったのを4200円に値切って買いました」(A子)

「本当は4万くらいするんですけど、偽物でもぜんぜんわかんない。見た目的に可愛ければ、何年も使うものじゃないし、偽物でも別にいいのかなって感じます」(B子)

 同店には高級ブランド「バレンシアガ」の他にも、若者に絶大な人気を誇る「シュプリーム」、スポーツブランド「フィラ」や「チャンピオン」のロゴが施されたアイテムが並んでいるが、その全てが偽物だ。店員にただしてみても「中国からの輸入品」とだけ説明し、正規品かどうかの問うと「わからない」と言ったきり、店の奥へと引っ込んでしまった。都内の中古ブランド品店の店長が次のように訴える。

「昔からヴィトンやグッチなどの偽高級ブランド品が多く流通し、中高生など若者を中心に出回っていました。この流れは今も変わりませんが、最近はナイキやフィラ、チャンピオンなど、それほど高価ではないスポーツブランドの偽物も多数出回っており、正規品の半額以下で安価に購入できるために、若者の購入が後を絶ちません」(中古ブランド品店店長)

 筆者も中高生時代に、不良の同級生からヴィトンやグッチ、プラダの偽財布を買わないかと持ち掛けられたことがあった。「ニセモノは恥ずかしい」という気持ちもあり購入しなかったが、一部の友人は我先にと買い求め、制服ズボンの後ろポケットに差し込んだ長財布の「ブランドロゴ」を誇ったりもした。もちろんそれらは、暴力団員などが不良に命じ販売させていたもので、反社勢力の資金源になっていたのだから、偽ブランド品を持つこと自体「危ない行為」であることに他ならなかったのである。ただし、最近は偽ブランド品を取り巻く事情が、当時とは少し違っているようだ。

「ネットオークションやフリマアプリで簡単に偽ブランド品は手に入ります。運営側が厳しく監視していることもあり、基本的にはすぐに出品が強制停止されますが、そのわずかなタイムラグを狙って偽ブランド品を買う若者がいます。インスタやツイッターにも、偽ブランド品の販売を持ち掛けるアカウントは星の数ほどあり、それらを見て購入する中高生も多いのです」(前出中古ブランド品店店長)

 つまり、不良や暴力団関係者を直接的に介さず偽ブランド品が入手出来てしまうために、偽物を入手することの恐ろしさや後ろめたさを、あまり感じずに済んでいる。こうして以前よりも身近に、そして気軽に購入できるようになっているからこそ、若者の偽物に対する拒否感はどんどん希薄になっているように思われる。

 筆者が気になったのは、可愛ければ、そしてカッコよければ「ニセモノでも構わない」と若者が話していたことだ。事実、グッチやサンローランといった高級ブランドの古いロゴが入った「オールドデザイン」のアイテムが、一昨年から昨年頃にかけて若者に大流行した。各ブランドがコレクションで発表した「本物」も当然あったが、若者が群がる市場に出回っていったのは、アメリカからの古着も含めほとんどが「ブート品」と呼ばれる偽物だったのだ。当時着用していた若者に偽物だと指摘しても、可愛いからいい、気にしない、といった返答が返ってきたのにも驚くしかなかった。

 偽物を買う、ということはそれなりのリスクを背負わねばならないことももっと周知されるべきだろう。偽物だとわかっていて偽物を購入すれば、購入だけでも違法とみなされる可能性もある。偽物を売るような業者に、住所や氏名などの個人情報が渡ってしまえば、別の犯罪行為に用いられる可能性も高い。実際に、偽物販売店に足しげく通い店員と親しくなったがために、違法ドラッグの運び屋のバイトをするようになったという若者もいる。違法の世界に軽い気持ちで足を踏み入れたがために、より重い違法行為に自らが加担してしまうかもしれないのだ。

 一方、偽物の本場と言えば「中国」や「香港」というイメージを持つ人も多いだろう。銀座や新宿、渋谷も上野も池袋にあふれる高級ブランド品で身を固めた外国人も、これら偽物を利用しているのか…。

「偽物は恥ずかしいので買いません。上海や北京のブランド直営店で買っても、従業員が偽物とすり替えることもあるので、ブランド品は日本やヨーロッパのお店で買います。東京や大阪の店のレシートがあれば、中古で売るときにも高くなります」

 こう話すのは、銀座の複合ビル「GINZA SIX」近くでショッピングを楽しんでいた、中国人観光客の男性(40代)。「シュプリーム」と「ルイヴィトン」がコラボしたトップス(市価数十万円)に、アディダスのスニーカー(プレミア価格で十数万)という「いかにも」な出で立ちの彼だったが、偽物は恥ずかしいと言い切った。

「以前の中国人は偽物ばかりを持っていましたが、経済が成長して豊かになり、偽物を持つことは恥ずかしいと思う人が増えました。(中国の)田舎の方や東南アジア経由で、中国の都市部や日本、韓国で偽ブランド品が売られていますが、それは、貧しかったり見栄を張る人たちが買うのです」(中国人観光客)

 若者に「偽物を買うのは悪い事」といくら諭したところで、血のにじむような努力でブランドを作り上げ、実直に商売している人々の気持ちはわからない。かたや、これまで偽物で外貨を稼いできた国の人々が、その恥を悟り、世界経済を回す原動力にすらなっている現実。偽物でもよい、という感覚を若者に抱かせた事実こそが、我が国の「経済事情」を如実に語っているのではないかと思えてならない。

あわせて読みたい

「若者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。