記事

「着払い」で下着を送りつける痴漢行為

大量の下着を「着払い」で女性議員や弁護士や市民運動家に送りつけるという事件が発生している。
ハガキの消印は「山口」になっている者が多く同一犯の可能性が高い。

被害にあってる女性たちは左翼リベラル人権派だから、わしは嫌いだし、向こうもわしが嫌いだろう。

だがわしは、この犯人を卑怯だと断言する。
彼女たちの言論・表現を、嫌がらせで封殺するのは単なる卑劣漢であり、右派であっても、保守ではない。

今やネットで誰でも発言できる時代だし、言論で彼女らを木っ端みじんに批判することはできるのだ。
言論に言論で対抗せず、「着払い」で下着を送りつけるなんて行為は、まるで痴漢みたいでいびつである。

〇言論に対して、言論で対抗せず、痴漢的行為で嫌がらせをする犯人がいる。

〇言論に対して、言論で対抗せず、デマで偏見を撒き散らし、小林よしのりを封じようとする左翼リベラル人権派の言論人がいる。

〇ジャーナリストを自称し、言論の場を持っているのに、裁判という権力システムを使って、小林よしのりの言論を委縮させようとする者もいる。

今の国粋主義的な右派は、左翼リベラル人権派が嫌がらせを受けていたら、ニヤニヤ笑って見ているだけだろう。

逆に今の左翼リベラル人権派は、小林よしのりが裁判で言論封殺されたら、ニヤニヤ笑って見ているだけだろう。

日本の言論空間は、このように二極化し、どちらも極端に走って、バランスが取れない。
どちらも言論や議論の効能を信じていない連中であるのは、間違いない。
誰も民主主義を信じていないのだ。

あわせて読みたい

「嫌がらせ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    異例の都ファ欠席 深夜0時議会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    日本企業の英国撤退 次は韓国か

    早川忠孝

  3. 3

    大川長男 脱会原因は清水富美加

    文春オンライン

  4. 4

    不摂生後悔…堀ちえみガンと闘う

    渡邉裕二

  5. 5

    トヨタの中条あやみCMは大正解

    永江一石

  6. 6

    両陛下と秋篠宮さま 緊迫の90分

    女性自身

  7. 7

    わいせつ問われた医師に無罪判決

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    日本の信頼落とす中国パクリ企業

    メディアゴン

  9. 9

    食の思い出不足が招くバイトテロ

    東龍

  10. 10

    吉野家が赤字 ステーキ事業切れ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。