記事

少女マンガの傾向は「普通とは何か」を描く、震災以降増加


【少女マンガ研究者のトミヤマユキコさんオススメの『セッちゃん】

 東京・神保町にある三省堂書店神保町本店の書店員・新井見枝香さんが2014年に創設した「新井賞」。半年に一度、“いちばん好きな”作品を、芥川賞・直木賞と同日にツイッター上で発表する。受賞作は毎回ベストセラーなるなど、影響力も大きい新井賞だが、今回「第9回新井賞」を受賞したのがはるな檸檬さんのコミック作品『ダルちゃん』(全2巻)だ。すでに10万部を突破した。

【別写真】「第9回新井賞」受賞作『ダルちゃん』

  主人公のダルちゃんこと、派遣社員の丸山成美(24才)は、本当の自分を押し殺し、周囲と足並みを揃えて“普通”に生きている。日々感じる生きづらさに耐えつつ、幸せとは何かを模索し、詩を創作することで希望を見出していく…、という物語だ。

 20代女性に向けて描かれたこの作品は、多くの人の共感を呼び、ウェブでの連載中には、14の出版社が単行本化をオファー。ウェブでの連載を終えた2か月後の2018年12月に、異例の速さで単行本が発売された。そして今年1月、読書家の中では「芥川賞や直木賞より影響力がある」とされる文学賞「新井賞」を受賞したのだ。

 結婚、出産、仕事、介護…人生における分岐点の多い女性は、誰もが日常の中に多くの悩みを隠し持つ。普通の毎日こそがドラマの連続なのだ。では、“普通”とはなんなのか。その点にスポットを当て、話題になっている作品が『ダルちゃん』以外にもあると、少女マンガ研究者のトミヤマユキコさんは言う。冬の長い夜、ゆっくり読んでみませんか?

 普通じゃないと幸せになれないのか──。

『ダルちゃん』は、普通になじめないことに苦しみ、本来の自分を隠して“普通の女の子”に擬態することで、幸せをつかもうとするOLを主人公にしている。しかし、「普通の人なんて、この世に一人もいないんだよ」という知人の言葉をきっかけに、普通こそが幻想であることに気づかされ、多くの読者の心をつかんでいる。これに対し、少女マンガ研究者のトミヤマユキコさんは、“これこそ今、主流になりつつある考え方なのでは”と指摘する。

「高度経済成長期以降、日本人の多くが、“普通がいちばん”“普通こそが幸せ”と信じ、普通を目指せばOKと思っていました。しかし今や、普通が特別になってしまったんです」(トミヤマさん・以下同)

 ここ数年は格差社会と呼ばれ、長年勤務しても給料は上がらず、まじめに働いても普通とされる生活水準に届かなくなった。普通の定義が崩れたのだ。

「多くの人が当たり前のようにやっていることをマネすれば幸せになれた時代ではもうないんです。周りに迎合するのではなく、自分の価値基準を持ち、どんな時代にあっても“自立”することが大切なんだとみんな気づき始めた。それが“ダルちゃんブーム”の背景にあるように思います」

 そして、あらゆる角度から“普通とは何か”を描いたマンガ作品が注目されるようになったという。

「中でも私がおすすめしたいのは、『ちひろさん』『セッちゃん』『凪のお暇』『海街diary』シリーズです。これらの作品には、少女マンガの定番である“理想の王子様”は出てきません。つまり、恋愛や結婚で女の人生は救われない、ということをつきつけてくるんです」

 こういった作品は、2011年の東日本大震災以降増えたという。想定外の出来事が次々と起こり、普通や当たり前、常識と呼ばれるものが覆されたからだろう。

◆“自立女子”こそ幸せになれる?

「『ちひろさん』という作品は、自分の信念をしっかり持った女性が主人公。普通の側に生きる人から見たら、彼女は自由で破天荒。そのため、時に煙たがられます。でも、毎日を幸せに生きているのはどちらか、本心ではみんなわかっている。だからこそ、ちひろさんに引きつけられ、彼女と接することで、自分の人生を考え直すようになるんです。彼女からの叱咤激励は、みんなが言われたかったことばかり。だから読んでいてスカッとするんです」

 一方、『セッちゃん』の主人公も、変わった人と思われている。

「周りのみんながやっている学生運動には興味がなく、意識が低いと思われていますが、彼女には社会より、好きな人に会いに行くことが、すごいことだと気づくんです」

 多くの女性と同じヘアスタイル、同じ服を着て、空気を読んで生きてきた女性が主人公の『凪のお暇』もおもしろいとトミヤマさんは続ける。

 主人公の大島凪は、彼氏からのモラハラや女友達からのマウンティングをがまんしている自分に嫌気がさし、会社を辞めて、“お暇”をもらう。

「社会の中で浮かないように生きてきた彼女が、限界を感じ、人生のリセットボタンを押すわけです。今まで正しいと思っていた“普通の価値観”から脱却していく姿は痛快。そして、素の自分で生きる日常は、毎日が冒険。ご飯を作るのも、ご近所さんとのつきあいも新鮮で、自分らしく生きることは冒険なんだと気づかせてくれます」

 普通の人の日常を丁寧に描いた作品としては、『海街diary』も秀逸だという。

「この作品に登場する4姉妹は、言ってみれば、ごく普通の人たちです。でも、クローズアップすれば、普通から少しずれた部分があります。例えば、両親を亡くした主人公の少女は、自分の出生に負い目を感じていたり、正論ばかり言う長女は不倫をし、それを正当化していたり…。普通でまじめに見える人ほど闇を抱えているんです。それでも、毎日は続き、生きていればきっと希望が見えてくる。そんなエピソードに勇気がもらえます」

 長年“普通”と思いわれてきた女性像や人生設計は、通用しなくなりつつある。何者にも媚びず、自立して生きる。それがこれからの時代の“普通”になるなら、女性たちはどう生きるべきか──。マンガでも読んで、考えてみると、未知なる自分に気づくかもしれない。

※女性セブン2019年2月21日号

あわせて読みたい

「漫画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  2. 2

    石破氏が固執する奇異な憲法解釈

    篠田 英朗

  3. 3

    文氏「日本の指摘は重大な挑戦」

    ロイター

  4. 4

    米国に泣きつく韓国の告げ口外交

    WEDGE Infinity

  5. 5

    自民議員「韓国は北朝鮮笑えぬ」

    城内実

  6. 6

    ドトールがスタバに勝る食品の質

    内藤忍

  7. 7

    徴用工 三菱重工の資産現金化へ

    AbemaTIMES

  8. 8

    政策の違い比較したイラスト話題

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  10. 10

    利用者混乱させる日本の電子決済

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。