記事

高須院長 ウーマン村本と「いつかは会って話してみたい」

【ウーマン村本を育成したいと語る高須院長】

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、話題となったツイッターでのやり取りやメディアの在り方についてお聞きしました

 * * *

──相変わらずツイッターを楽しんでらっしゃる高須院長ですが…。

高須:シーマンくんのことかな?

──はい。ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんに関する内容で、多くのリプライを受けていらっしゃいますね。

高須:シーマンくんがいろいろなことに興味を持って、問題意識を感じているのはすごくいいことだけど、まだまだ無知なんだよ。結論ありきで発言してしまう。シーマンくんは犯罪者が韓国籍だとわかったら、バッシングが何万倍にもなったってつぶやいていたけど、それは韓国人を差別しているということではなく、卑劣な犯罪行為を批判しているだけなんだと思う。シーマンくんは、「韓国人が差別されている」という結論ありきで物事を捉えているんだよ。もうちょっと世の中のことを知って、広い視野を持てるようになれば、真実が見えるんだけどね。

 もちろんシーマンくんを叩くことは簡単。でも、彼は馬鹿ではないし、ただ知らないことが多すぎるだけなんだよ。だから、僕は彼を育成したいだけ。僕みたいな老害は有望な若者の芽を摘みがちだと思われてるかもしれないけど、僕はそんなことはしないよ(笑い)。でも、シーマンくんは僕に対するツイートも削除しちゃったし、あんまりカラミたくないのかな? ちょっと残念だけど、いつかは会って話してみたいね。

──実際に「無知」を克服するには、どうすればいいのでしょうか?

高須:簡単だよ。ある特定の人々の話だけを聞くんじゃなくて、いろんな人の話を聞くこと。ニュースを見たり、本を読んだりすること。まあ、当たり前のことか。わざわざ教えるような内容じゃなかった(笑い)。

 でもね、シーマンくんに限ったことではないけど、自ら積極的に情報を取りに行かないと、無知なままで、いろんなことを信じ込まされるんだよ。マスコミだってすべてを報道しているわけじゃないしね。それこそ、沖縄で海上保安本部のゴムボートに放火した活動家が逮捕されたけど、本名では報じられないんだよね。何らかの事情があるのかもしれないけど、実名が明かされないということに疑問を持つことも重要。

 あと、立憲民主党の辻元清美さんが政治資金規正法で禁じられている外国籍の支援者から献金を受けていたと報じられたけど、その献金をした支援者について「韓国籍の弁護士」と報じているメディアもあれば、ただ「外国籍の支援者」とだけのメディアもある。どうして「韓国籍」を伏せているメディアがあるのか、ということを考える必要もあると思うね。

──特に韓国に関する報道については、メディアによって温度差があるのは間違いないですよね。

高須:イデオロギー的な立場もあるからそういうメディアがあるのも当然なのだろうけど、ただ露骨な反日のスタンスを決め込む今の韓国を支持するメディアは、ちょっと理解に苦しむ。韓国を支持するということは、日本の不利益を望んでいるようなものだからね。それを果たして「日本のメディア」として認めていいのか。ちょっとありえないな。いろんな立場の報道があってもいいけど、そういった国賊メディアだけはありえない。

 もしかしたら、政権批判の道具として韓国を利用しているというメディアもあるのかもしれないけど、それでもありえないな。日本に対して敵意を剥き出しにする韓国を擁護することと、安倍政権を批判することはイコールではないからね。韓国のおかしい部分をしっかりと指摘しながら、安倍政権を批判することだってできるはずだよ。にもかかわらず、明らかに常識を逸脱し続けている韓国を擁護するのはメディアの怠慢に他ならない。安倍政権を批判する材料もないのに、無理やり批判するために、韓国を持ち上げてるんじゃないの?とさえ思えてくる。

 そういったおかしなメディアがあるっていう事実を知っていれば、世の中の見え方もだいぶ変わってくるんだよ。そうすれば、今間違った方向に向いている正義感や善意だって、正しい方向に向くかもしれない。無知を克服することで、日本はもっといい国になっていくんだよ。シーマンくんにもわかってほしいね。

 * * *

 報道されていることがすべではないという事実を知ることで、世界の本質が見えてくると主張する高須院長。日本をより良い方向に導くには、国民がもっともっと世の中を疑っていく必要があるのかもしれない。

【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。脂肪吸引やプチ整形など、日本に「美容整形」を広めた第一人者。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子氏との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)、『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)、『炎上上等』(扶桑社新書)、『かっちゃんねる Yes! 高須 降臨!』(悟空出版)など。最新刊は『大炎上』(扶桑社新書)。

あわせて読みたい

「高須克弥」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  2. 2

    ミス誘ういきなりステーキの卓上

    かさこ

  3. 3

    茂木氏 丸山議員の診断書を尊重

    キャリコネニュース

  4. 4

    新ふるさと納税で還元率100%も

    NEWSポストセブン

  5. 5

    コンドーム避妊では女性守れない

    週刊金曜日編集部

  6. 6

    大阪・西成に響く労働者の怒号

    SmartFLASH

  7. 7

    築地の次は青山霊園を移転せよ

    毒蝮三太夫

  8. 8

    眞子さまの南米訪問は婚活の場か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    韓国保守派の足引っ張る朴槿恵氏

    文春オンライン

  10. 10

    内田樹氏 現代人がウソつく理由

    みんなの介護

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。