記事

「東日本衰退」に楔を打ち込む新潟「長岡技術科学大学」の挑戦 - 上昌広

1/2
約2000人の学生が在籍(長岡技術科学大学HP「大学紹介MOVIE」より)

 人口減少が続くわが国で地方都市の将来は暗い。1月31日、総務省が公表した「住民基本台帳人口移動報告」によると、全市町村の72%で人口が流出し、増加しているのは東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)、愛知、大阪、福岡、滋賀の8都府県だけだった。

 特に東京圏への流入は凄まじく、差し引き13万9868人の増だ。逆に流出が多いのは、茨城(7744人)、福島(7421人)、新潟(6901人)だった。

 ここで言う「流入」とは、転入者数から転出者数を差し引いた分を差す。これがマイナスになり、転入者よりも転出者が多い場合は、その差し引いた分を「流出」としている。

 北海道、北関東、東北、甲信越の流出の合計は約6万人だ。東京圏への転入者のうち、これらの地域から来た人たちは2割弱を占めている。

 ちなみに、北海道、北関東、東北、甲信越の人口に占める流出率は平均して0.23%だ。それぞれの地域の中核道県である北海道、宮城、新潟を除けば0.29%となる。

 これは西日本より遙かに高い。中核府県の大阪、京都、兵庫、広島、福岡を除く19県の流出は5万3694人で、人口比で0.22%だ。そのうえ中国、九州、四国地方の人口は計2552万人で、北海道、北関東、東北、甲信越の合計とほぼ同じ。つまり、東日本の地方都市の縮小は深刻なのである。

 これは人口流出率が高い県の名前を挙げればイメージが湧く。流出率が最も高いのは長崎で0.49%だが、2位以下は青森(0.49%)、秋田(0.44%)、山梨(0.41%)、岩手(0.40%)、福島(0.39%)と続く。

 東京圏一極集中の実態は、東北地方・甲信越地方の空洞化と言ってもいい。2014年に元岩手県知事の増田寛也氏が座長を務める「日本創成会議」が、「消滅可能性都市」を報告したのも宜なるかなだ。増田氏の父は岩手県胆沢郡前沢町(現奥州市)出身。県知事を務めた経験からも、東日本の地方都市の衰退が肌感覚で分かるのだろう。

考えさせられる経験

 解決策はあるのだろうか。

 最近、考えさせられる経験をした。それは、1月24日に新潟県の長岡技術科学大学を訪問した時のことだ。

 目的は三上喜貴教授との共同研究の打ち合わせであった。三上教授は元経産官僚。1975年に東京大学工学部を卒業後、数学職で通産省に入職し、1997年に長岡技術科学大学に出向すると、そのまま転籍した。2011年に副学長、2015年に理事に就任している。

 専門は社会システム工学で、安全システムの制度設計や規制を研究している。幅広い教養を備えた人物で、『インドの科学者 頭脳大国への道』(岩波科学ライブラリー)や『文字符号の歴史 アジア編』(共立出版)など様々な本を出版している。

 私との共同研究は、レセプトデータ(レセプト:患者の受けた保険診療について、医療機関が保険者に請求する医療報酬の明細書)を用いて、わが国における交通事故や労災事故などの不慮の事故の実態調査をすることだ。私は臨床医として助言、およびレセプト調査などに詳しい人物の紹介を求められた。

高専卒業者を対象に

 長岡技術科学大学は初めての訪問だった。同大学は1976年に設置された国立大学。学部生・大学院生合わせて2342人が学ぶ。

 この大学、幾つか興味深い点がある。まずは、定員が1、 2年次の80人から、3、4年次に390人に増えることだ。三上教授は「高専卒業生を対象にしたカリキュラムが組まれているからです」と説明する。

 長岡技術科学大学は「実践的な技術を科学する」(三上教授)ことを目的として、愛知県の豊橋技術科学大学と同時に設立された。いずれも学部が工学部のみで、4年次に約2カ月間の「実務訓練」(いわゆるインターンシップ)を行うことで知られている。

 もう1つ、私が驚いたのは国際色が豊かなことだ。長岡駅に迎えにきてくれたのは張坤准教授。中国の河南省出身で、2007年に長岡技術科学大学の修士課程に留学し、その後、日本でキャリアを積んでいる。日本語が流暢で、気配りの行き届いた女性だ。

 全学では27カ国から318人の留学生を受け入れている。出身地で多いのはベトナム(106人)、中国(55人)、タイ(30人)だ。三上教授は「ベトナム留学生の数は全国の国立大学で1番」と言う。

 長岡とベトナムは交流が盛んで、1月29日の『日本経済新聞』にも「長岡市、ベトナムに熱視線 市長ら訪問」という記事が出ていた。

 とはいえ、新潟県全体の人口10万人当たりのベトナム人受け入れ数は89人で、47都道府県中45位。新潟県とベトナムの交流が盛んな訳ではない。長岡に限った話だ。

 なぜ、長岡とベトナムの交流が活発なのだろうか。それは、留学生に高い技術を教える長岡技術科学大学が交流を牽引しているからだ。

 では、どうしてこの地域に高等教育機関が出来たのだろうか。少しばかり歴史を振り返ってみよう。

田中角栄の存在

 長岡と言えば「田中王国」。田中角栄元総理が長岡を含む旧新潟3区に強固な地盤を築き、トップにまで上りつめたことはご存じの通りだ。

 長岡技術科学大学の設置が決まったのは1973年。同年にオイルショックがあったものの、田中氏は総理大臣を務め、得意の絶頂にあった。『文藝春秋』が立花隆氏の「田中角栄研究」、児玉隆也氏の「淋しき越山会の女王」を掲載し、田中金脈問題の追及が始まるのは、その翌年の10月のことだ。

 それだけに、中央でも地元でも絶大な影響力を誇っていた。田中氏が、長岡技術科学大学の設立に何かしら貢献をしたことは間違いないだろう。ただ、それだけでは同大学が国際交流のハブとして成長できた理由は説明できない。

長岡の民度を育んだもの

 私は、この地域の民度の高さに負うところが大きいと考えている。それは、この地が長い年月をかけて育んできたものだ。三上教授が、分かりやすく解説してくれた。

 三上教授は東京生まれ。長岡に移ってきて、「ファンになった」と言う。彼が注目するのは、長岡藩主牧野家と東山油田、そして北前船(きたまえぶね)だ。

 牧野家は徳川譜代で長岡7万4000石の当主だった。江戸から明治にかけて北海道・大阪間の日本海沿岸を往来した北前船貿易の中核である新潟港を抱え、石高を上回る収入があった。幕府の信頼も厚く、幕末に当主は京都所司代や老中を務める。戊辰戦争では当初、中立を模索したが、最終的には列藩同盟につき、家老・河井継之助を中心に新政府軍を苦しめた。その様子は司馬遼太郎の『峠』に詳しい。

 明治に入り、牧野家は領地を没収される。その後、再興を果たすが、その居城である長岡城は戊辰戦争で焼け落ち、本丸の一部と二の丸の南櫓、千手口門しか残らず、再建されなかった。残った部分も士族の救済や小学校の教育費に充てるため売却される。

 その後、1898(明治31)年に本丸跡に長岡駅、二の丸跡に後述する宝田石油本社が建てられた。この地は現在、長岡市公会堂、長岡市厚生会館を経て、長岡市役所が入る「シティホールプラザアオーレ長岡」となっている。かつて、ここに長岡城が存在したことを示す遺構は少ない。戊辰戦争で敗れた長岡を象徴する場所である。

 通常、このような地域は逼塞する。会津や姫路が典型だ。会津は松平家、姫路は譜代筆頭の酒井家が治め、戊辰戦争では幕府に与した。戦後、それぞれ福島県、兵庫県に編入され、会津日新館、姫路好古堂などの藩校の伝統は途絶する。この地域には現在も国立大学は存在しない。

 かつて哲学者の和辻哲郎、民俗学者の柳田国男らの人材を産み出した姫路、山川浩・健次郎らの幕末の志士が輩出した会津は寂れた。ところが、長岡はそうならなかった。なぜだろう。

あわせて読みたい

「大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  3. 3

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  4. 4

    北欧の教育を崇める日本に警鐘

    BLOGOS編集部

  5. 5

    自称リアリストのうぬぼれに怒り

    内田樹

  6. 6

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  7. 7

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  8. 8

    闇営業報道は反社の証拠買ったか

    AbemaTIMES

  9. 9

    NHKで逮捕者 局内に犯罪予備軍か

    渡邉裕二

  10. 10

    宮迫の弁解に「往生際が悪すぎ」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。