記事

スタバ、中国での首位を地元新興勢に明け渡さず=CEO


[メキシコ市 8日 ロイター] - 世界最大のコーヒーチェーン、米スターバックス<SBUX.O>のケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は7日のインタビューで、2019年に中国で首位の座を地元の新興コーヒーチェーン「ラッキン(瑞幸)コーヒー」に明け渡すことはないとの見方を示した。

スターバックスは、数十年かけて中国に足場を築いてきた。これに対し、ラッキンは昨年初めに創業し、テクノロジーを駆使し、大幅な値下げをして急成長している。

ジョンソンCEOは、中国で2019年末までにラッキンがスターバックスを追い越す可能性があるかとの質問に「その可能性はないと思う」と述べ、昨年第4・四半期に中国の新店舗が18%の成長を達成したことを挙げた。

「前の四半期に中国で新たに10都市に進出した」と述べ、進出した都市はロサンゼルスよりも大きいと付け加えた。

ラッキンは、19年末までに中国国内で4500店舗以上展開することを目標に掲げている。これは、スターバックスが現在、中国国内で展開する店舗数の3600店超を上回ることになる。

ジョンソンCEOは、ラッキンの拠点は多くが規模が非常に小さく、フルサービスを提供するスターバックスの店舗とは比較にならないと指摘。

スターバックスは中国でコーヒーチェーンの先駆者としての優位性を有しており、第4・四半期の成長を再び達成できるとの見通しを示した。また、米中貿易摩擦は「これまでのところ」、最終利益に影響を及ぼしていないと述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  7. 7

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。