記事

トヨタ「ジャパンタクシー」の改善とは

トヨタは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、誰にでも使いやすいユニバーサルデザインの「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を、17年10月から発売しています。都内でも目にすることが増えましたよね。

4日、トヨタは、この「ジャパンタクシー」の車いす乗降について、改善進捗の説明会を行いました。

※改良された「ジャパンタクシー」に車いすの客を乗降するデモンストレーション

「ジャパンタクシー」は、ユニバーサルデザインを謳いながら、かねてから、車いすの乗降がしにくいことが課題でした。私も、「ジャパンタクシー」のドライバーから、「車いすの乗降に手間が掛かりすぎて心理的負担がある」「空港や渋滞時に長時間停車することになるので、周囲に迷惑をかけないか不安」といった話を、何度か聞きました。

従来、「ジャパンタクシー」の車いすの乗降は63工程。慣れたドライバーでも10分から15分かかっていた。これが、3月発売予定の「ジャパンタクシー」では約3分・24工程になるといいます。

また、昨年末までに販売された約1万600台の既販タクシーは、約4分・38工程に短縮する措置を、無償で行います。

「昨年初めから検討を進めて、少しでも早く改良を入れたいということで、いまのタイミングになりました。改良には、トヨタ生産方式(TPS)の担当者がチームに入り、作業手順の時間短縮のための工夫をしました」
とコメントしたのは、トヨタTC製品企画ZPチーフエンジニアの粥川宏さんです。

では、何が変わったのか。例えば、車いすを乗せるスロープを3枚折りから2枚折りにした。スロープの収納袋を廃止した。フロア固定バンドをワンタッチ式にした。車いす固定ベルトはリアフロアに常設した。

自動車の生産ラインの改善の要領ですよね。

また、コスト増を避けるため、あえて電動の機械を使わなかった。これも、生産ラインの考え方と同じといっていい。

もっとも、改良後のタクシーであっても、車いすの客を乗せるには、少なくとも3回の練習が必要だといいます。ドライバー向けの車いす乗降の研修会も開催されていますが、全てのドライバーがスムーズに行えるようになるには、時間がかかるでしょう。

ドライバーの高齢化も課題です。仮に一度覚えたとしても、時間が経つと乗せ方を忘れてしまうというんですね。「ジャパンタクシー」は、車いすの乗降の作業手順についてラベルで表示するなど、ドライバーにも配慮しました。

理想は、誰でも車いすの客を乗降させられることです。そのための改善は、これからも続けられます。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。