記事

インドで貧困家庭の花嫁にゴールド11グラム、選挙控えたばらまきか


[ニューデリー 7日 ロイター] - インド北東部のアッサム州が、貧困家庭出身の花嫁すべてに、11.66グラムのゴールドを贈る予定だ。5月までに実施される総選挙に向けた、ばらまきとみられている。

インドでは、花嫁にゴールドを贈る伝統がある。

支給対象は、年収50万ルピー以下の家庭1世帯につき女性2人まで。贈られるゴールドは、花嫁1人当たり530ドル(約5万8000円)相当となる。

アッサム州は、モディ首相率いる与党インド人民党(BJP)の地盤。農家の収入低迷と就業機会の不足で、BJPは2014年の前回選挙から支持を減らしており、今回の選挙では苦戦が見込まれる。

この中で同州の財務相は、今回の計画のため、4月1日からの新年度に30億ルピーの予算を確保した。これで875キログラムのゴールドを購入し、花嫁約8万人へ贈ることができるという。

インドの法律では、選挙の日程が決まった後は有権者への贈り物が禁じらる。このため政党や候補者は、日程が決まる前にあの手この手で有権者に贈り物をしようとする。過去には扇風機、ラップトップ、圧力鍋、テレビなどが贈られている。

あわせて読みたい

「インド」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  6. 6

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  9. 9

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。