記事

玉木代表、豚コレラ対策の強化を求め農水大臣に申し入れ


 昨年9月に発生した家畜伝染病「豚コレラ」について、2月に入り感染が愛知、長野、岐阜、滋賀、大阪へ拡大していることを受け、玉木雄一郎代表は7日、豚コレラ対策の強化を求める要望書を吉川貴盛農林水産大臣に提出。万全の対策を期すよう申し入れた。

 この中で玉木代表は、「26年ぶりに豚コレラが発生し、われわれも深刻な事態と受け止めている。昨年岐阜で発生し、結果として封じ込めができなかったことは、国も県も含めて防疫体制を見直していかなければならない。今回の件を早急に封じ込めるためにも、豚の移動制限・出荷制限の対応を通じて、速やかに収束するように国としても全力をあげてもらいたい」と述べ、相次ぎ発生した豚コレラ感染について早期収束を図るよう求めた。

 また玉木代表は、「豚コレラは人には感染しないし、食べても影響がないことを消費者に対して周知徹底してもらいたい」と風評被害が起きないよう啓発を続けることを要請した。

 これに対し吉川農水大臣は、豚コレラの発生からこれまでの経緯と政府の取り組みについて説明し、防護柵の県境への設置など岐阜県へ対策強化をしようとした矢先に感染が拡大したこともあり、県と国とで連携して対策強化を図っていきたい、と答えた。

 その後、同席した議員から発言があり、関健一郎衆議院議員は「吉川大臣本人から、折に触れ、食べても人には影響がないことを積極的に話してもらいたい」と求めた。吉川大臣は、今後の国会審議や記者会見などで述べていきたい、と応じた。

 さらに玉木代表は、家畜伝染病予防法に基づく様々な対策ができることを理解しつつ、「経済的損失を被る様々な農家に対しては、ぜひ万全の支援を講じてもらいたい」と、被害を受ける現地の農家に対する最大限の措置を講じるよう要請した。

 今回の要請には玉木代表のほか、古川元久代表代行(愛知)、田名部匡代副代表、羽田雄一郎参院議員(長野)、徳永エリ参院政審会長、関健一郎衆院議員(愛知)が同席した。万全の対策を期すよう申し入れました。

PDF「豚コレラ対策の強化を求める要望書」豚コレラ対策の強化を求める要望書

吉川農林水産大臣に要望書を手渡す関健一郎衆院議員ら

あわせて読みたい

「豚コレラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  5. 5

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  6. 6

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  7. 7

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    横浜IR誘致で大阪の事業者撤退も

    木曽崇

  10. 10

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。