記事

月のスマホ代を知らない人は一生貯金ゼロ

1/2

「お金がなかなか貯まらない」と嘆く人には、どんな共通点があるのか。ファイナンシャルプランナーの井戸美枝氏は「毎月の給与を使い果たしてしまう人は、固定費を把握していないことが多い。たとえばスマホの通信費にいくらかかっているかも調べようとしない」という――。

お金を貯める王道は「先取り」

2019年は10月に消費税率の引き上げが予定されています。2020年には給与所得控除の改正も予定されており、所得によっては、税金の負担が増える人もいるでしょう。節約に努め、浪費を防ぎ、せっせと貯金をする。そんなお金との付き合い方の「基本」が今後さらに重要になるでしょう。

昔も今も、家計相談で数多く質問を受けるのは「どうしたらお金が貯まるのか」。貯金は、仕組みさえ作ってしまえれば、比較的簡単にできるのですが、その仕組み作りは簡単ではありません。そこで「2019年版 賢くお金を貯める方法」をご紹介しましょう。

まずは、貯金の王道「先取り貯金」です。

本連載で何度か述べましたが、手元にお金があるとついつい使ってしまいがち。本気で貯めるには、半ば強制的に貯金する、「先取り貯金」の仕組みを作ってしまいましょう。

会社員の人は、勤務先が「財形貯蓄」を導入しているか確認して下さい。

自動積み立ては「給料日の翌日」に引き落とし

財形貯蓄は、給料が振り込まれる前に、指定した金額が天引きされ、会社が契約している銀行などに預け入れられる仕組みですが、現在、財形貯蓄を導入する企業は減少しており、制度を利用できない人も多いかもしれません。


※写真はイメージです(写真=iStock.com/ATINAT_FEI)

財形貯蓄がない会社員やフリーランスは、銀行の「自動積み立て口座」を利用すると良いでしょう。「自動積み立て口座」は、その名の通り、自動で指定した口座に積み立てができるもの。多くの銀行で提供されています。普段使っている預金口座と同じ銀行で開設すると、手数料はかからないケースがほとんどです。

引き落とし日や金額は自分で決められますが、給料の振込の翌日に引き落とされるよう設定しましょう。お金を使う前に、貯金専用の口座へ移動させることがポイントです。

貯金する金額の目安は、1人暮らしの場合は「手取りの10%」。2人以上で暮らしている、あるいは実家暮らしの人は家賃が安くなるため、「手取りの15%~20%」目標にして下さい。

とはいっても、毎月の貯金額が多過ぎて余裕がなくなり、結局お金を口座から下ろしてしまっては意味がありません。難しいところですが、少な過ぎず、かつ無理なく貯められる金額を考えてみて下さい。

スマホ代を毎月チェックする習慣がない人は黄色信号

毎月、給料をすべて使い切っているという人は、黄色信号です。支出を減らす、あるいは収入を増やさなければ、お金は一生貯まりません。

支出を減らす場合は、毎月の固定費から見直すと良いでしょう。固定費には、家賃や住宅ローンなどの「住居費」、スマホやインターネット代などの「通信費」、自動車保険や生命保険などの「保険料」などがあります。


※写真はイメージです(写真=iStock.com/Satoshi-K)

クレジットカードの明細や、引き落とし先の口座の通帳などで、どれくらい固定費がかかっているか調べてみましょう。いつでも調べられると後送りにしないで、ぜひ今日やってみてください。でないと永遠に調べませんから。とりわけ、使用頻度により毎月料金が異なるスマホ代は定期的なチェックが必須です。そうしたコスト管理の意識を持ち続けることができない人は、とかくどんぶり勘定となってしまい、なかなか貯金ができません。

また、この固定費の通信費と水道光熱費に関しては、ここ数年で安価な料金プランが登場しています。最近見直していないな、という人は、比較サイトなどでチェックを。自分に合った料金プランが出ている可能性があります。

保険に加入している人は、必要以上の補償をかけていないか、よく考えましょう。支払う保険料は、年払いにすると意外と大きな額の割引を受けられる場合があるので保険会社に確認してください。

コーヒーを毎日買う人は年間10万円以上も支出している

その他、大きな出費となるのが「毎日ついつい買ってしまうもの」です。

たとえば、コーヒー代です。コンビニでコーヒーを買う(セブンカフェ レギュラーで税込100円)。スターバックスやドトールカフェでラテを飲む(スタバのラテのショートで税込356円)。後者のコーヒーを毎日買うと、30日で1万680円。1年間で12万8160円にもなります(30日×12カ月)。10年間で120万円超です。

自分で思うよりずっとコストがかかっていると感じた人は、買うのを2日に1回にしたり、自宅で作って会社に持参したりして少し工夫すれば半分程度に抑えられるかもしれません。

あわせて読みたい

「貯蓄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野口健 グレタさんを非難し賛否

    女性自身

  2. 2

    西武・松坂の不可解な縁故採用

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国が安倍政権を叩き始めたワケ

    NEWSポストセブン

  4. 4

    立民議員「安倍首相は口だけ」

    大串博志

  5. 5

    廃業で行き場失う日本の高級木材

    田中淳夫

  6. 6

    池上彰氏が英EU離脱の争点を解説

    NEWSポストセブン

  7. 7

    産経が安倍政権の「たるみ」指摘

    PRESIDENT Online

  8. 8

    哲学なき小泉大臣 成果残せるか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    米ポルノサイト訪問数 日本は2位

    鎌田 傳

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。