記事

YouTube好きの子を襲う残虐動画の恐怖

2/2

■「YouTube Kids」でもすり抜けることがある

ユーザーができる対策のひとつは、「YouTube Kids」アプリを使うことだ。子供向けの動画しか見られないアプリで、不適切な動画を見る確率を下げることができる。とはいえ、それでもフィルターをすり抜ける動画もある。

YouTubeは日々アップされる膨大な量の動画のチェックを機械に任せており、違反報告などが行われた場合に限って人間がチェックしているとみられる。運営者がエルサゲートを不適切な動画だと認識できるように、接触した場合は積極的に違反報告をすべきである。

もうひとつの対策は、親が子供となるべく一緒に動画を見ることだ。これならエルサゲートに気づいた時点で、親はすぐに対応できる。とはいえ、親が子供と常に一緒にいられるわけでもない。エルサゲートという問題に対しては、その動機も対策も明確な答えがないのが現状なのだ。

■「見てしまう可能性」を踏まえてみる

子供から不適切なモノへのアクセスを完全にシャットアウトすることは不可能だ。ならば思い切って発想を転換し、最初からエルサゲートを見てしまう可能性を考慮に入れてみてはどうか。

もちろん近年のネット社会は、一昔前よりも「不適切」の度合いが増しているとも言える。現代の子供は、ごく幼い時期からアダルトなものや凄惨な事件の画像、動画などにアクセスできるような環境にある。それ故に、不幸にも子供がエルサゲートに出会ってしまった時にこそ、そのショックを中和する親の対応が必要とされるのだ。

子供は時に、日常に慣れた大人からは生じてこないような、素朴で鋭い問いを投げかけることがある。だがコンテンツに接したことから発せられる問いに、コンテンツは答えてくれない。だからこそ重要なのは、そのような子供の問いや感性に適切に関与できる親なのだ。

■親による「免疫化」で立ち向かう

そのように考えれば、エルサゲートをみてしまった場合、親には子供が何を感じ、それがどのような問題を引き起こし得るか、そしてどのような言葉をかけてショックを中和させるかが求められる。より好意的に解釈するならば「ピンチはチャンス」、つまり、そのような問題が生じたときこそ、子供の思考に親がより積極的に関与できると考えるべきではないか。

社会学者の宮台真司氏は「隔離より免疫」と述べたことがあるが、良いことも悪いことも、子供から完全に隔離することは(特にネット社会においては)困難だ。上述のように、ネットによって過激なものに接近しやすい社会にあっては、免疫を考えるより隔離した方が合理的だと考えてしまいがちにもなる。

だが、である。エルサゲートに対しては、見てしまう確率を考慮に入れた上で、万が一エルサゲートに子供が接した時に、どのような「免疫化」を行い得るかをこそ、親は考えるべきではないだろうか。例えば、予め親を中心とした関係者でエルサゲートのリスクを確認し、残虐なものを子供が見てしまったときに、どのようにその内容を否定できるかを話し合うことはできるだろう。そしてそのような話し合いは、子供の教育方針や、親同士の感覚を確認し合う作業でもある。そう考えれば、エルサゲート対策は、多くの事柄が議論できる機会とも捉えられはしないだろうか。

「何をきれい事を」と思う読者もいるかもしれない。実際そうかもしれない。しかしながら、「ピンチはチャンス」と肯定的にでも捉えなければ、被害者は一方的に被害を被るだけになってしまわないだろうか。それこそ「金儲け」や「いたずら」を目的とした、エルサゲート製作者の思う壺になってしまわないだろうか。アンパンマンマーチではないが、「そんなのは嫌だ!」。

冒頭に述べたとおり、問題の根本的な解決は難しい。だが、少なくとも免疫化という考えが、問題に立ち向かう一助になれば幸いである。

----------

塚越 健司(つかごし・けんじ)

情報社会学者

1984年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。拓殖大学非常勤講師。専門は情報社会学、社会哲学。インターネット上の権力構造やハッカーなどを研究。著書に『ハクティビズムとは何か』(ソフトバンク新書)などがある。近刊に『アメコミヒーローの倫理学 10人のスーパーヒーローによる世界を救う10の方法』(翻訳)、『愛と欲望のネット処世術』(単著)がある。

----------

(情報社会学者 塚越 健司 写真=iStock.com)

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  3. 3

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  4. 4

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  5. 5

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  6. 6

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  10. 10

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。