記事

YouTube好きの子を襲う残虐動画の恐怖

1/2

冒頭では子供向けの健全な内容だと見せかけ、途中で殺人や暴力といった描写に切り替わる「残虐動画」が問題になっている。手口は悪質で、子供にショックを与えることが目的だとみられる。情報社会学者の塚越健司氏は「現状では完璧な対策は存在しない。注意が必要だ」と警鐘を鳴らす――。

■動画がいつの間にか「過激」になる

※写真はイメージです(写真=iStock.com/YiorgosGR)

幼い子供のいる家庭では、子供にスマホやタブレットを渡して、自由にYouTubeをみせることもあるだろう。そこで子供向けの動画を見せていたつもりが、いつの間にかキャラクターを生き埋めにするシーン、殺人などの残虐なシーン、排泄に執拗にこだわるシーンなど、内容が過度に刺激的なものに変わっており、子供がショックを受けるケースが報告されている。

こうした動画は、最初はいたって健全なもののようにみえる工夫がされているため、YouTubeもその過激さを見抜くことが難しい。こうした動画たちは、まとめて「エルサゲート(Elsagate)」と呼ばれている。

エルサゲートは、日本では2018年から聞かれるようになった言葉だが、英語圏では少なくとも2017年には話題にされてきたものだ。語源はディズニー映画『アナと雪の女王』の「エルサ」と、スキャンダルを意味する「ゲート」が合わさったものだと言われている。

■「アンパンマン」を用いた動画もある

告発を始めたのは主に英米圏のユーザーで、次第に日本でも日本語で作成されたエルサゲートが多数確認されるようになった。内容は多岐にわたり、アニメだけでなく実写作品も確認されている。キャラクターが盗用されているケースもあり、ディズニーやマーベルなど英米圏で人気のキャラクターのほか、アンパンマンやしまじろうなど、日本人に人気の高いキャラクターが登場する動画もある。

■目的は「金銭」だけなのか

気になるのはエルサゲート製作の動機だが、残念ながら決定的な証拠は今のところ存在していない。だが、考えられる点は大きく分けて2つある。

第1に、金銭目的だ。周知の通りYouTubeなどの動画サイトは、再生回数等に応じて報酬が支払われる。有名なキャラクターを使えば、世界中からアクセスが見込めるだろう。

例えばベトナムでは、3000万以上の再生数を叩き出した70ほどのエルサゲートがアップされ、投稿者が罰金を科されるという事件があった。削除等のリスクがあっても、ここまで再生されるとなれば、それなりに収入を得られるかもしれない。実際、有名なエルサゲートには、1つの動画で1000万回を超える再生数を叩き出したものもある(もちろん、違反報告などが多く寄せられることでYouTube側が問題を認識し、削除される)。

しかしそれでも疑問なのは、エルサゲートの中には、それなりに手の込んだものもあるということだ。実写やクレイアニメは製作には時間がかかるが、削除や、場合によっては摘発されるリスクを込みで、なぜそのような動画を製作するのだろうか。経済合理性が本当にあるのかは疑問だ。

■裕福な人物の「いたずら」という可能性

エルサゲート製作の第2の理由として考えられるのは、「いたずら」である。

それなりに手の込んだ動画を製作して世界中に拡散するとは実に悪趣味だが、裕福な人物が世界中で仕事を依頼している、などの理由が考えられる。実際、海外の掲示板では、仕事でエルサゲートと知らずに動画の製作現場に携わったが、怪しさを感じてすぐにやめた、といった投稿もある。もちろん真意の程は定かではなく、当該掲示板はその性質上、創作とも考えられるが、ひとつの可能性ではある。

だがこの理由は、それこそ「陰謀論」になりかねない発想であり、現実的ではないようにも思われる。そのように考えれば、消去法的に金銭目的案が有力ということになろう。それも、誰か一人(ないしひとつの会社)が製作しているというよりは、世界中の多くの人々が、それぞれ独自に製作しているのではないかと推察される。日本のキャラクターを用いたエルサゲートなどは、少なくとも日本語や日本文化に親しい人物(達)が製作していると考えるのが妥当だろう。

■YouTubeは対策に乗り出している

では、エルサゲート対策にはどのようなものがあるだろう。

YouTubeは2017年11月に「コミュニティガイドライン」を更新。エルサゲートに代表される、子供に危険を与えかねない動画を禁止し、15万件あまりの不適切な動画を削除したと発表した。またエルサゲートはYouTubeに限定されず、「Youku」や「Tencent Video」といった中国の動画サイトでも同様のものが確認されたことから、削除が行われている。

ちなみにYouTubeはこうした問題に敏感な側面もあり、最近も2019年1月に、危険行為を冒す動画を禁止している。そのひとつに「バード・ボックス・チャレンジ」がある。2019年1月にネットフリックスで公開された人気映画『バード・ボックス』にちなんだもので、映画の主人公と同じように目隠しをしながら危険行為を冒すものだ。

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  4. 4

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  5. 5

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。