記事

辻元清美氏の外国人からの献金問題など大騒ぎすることではない マスコミの印象操作に欺されないで

 辻元清美議員が外国籍の方からの献金があった問題ではご自身がきちんと説明し、既に処理済みです。
平成25年に外国籍の方から後援会に寄付金として1万円の入金があったことが確認されたので、速やかに返金し訂正等の手続きに入りました」(辻元清美氏)

 そもそもこれがスクープであるかのような報道の仕方には毎度のことながら、意図的な悪意を感じます。
 以前にも前原誠司氏に対する在日韓国人からの献金問題がありましたが、このときもまた意図的な悪意があるように感じられました。

 今回も何故、この程度のことが「スクープ」になるのでしょうか。
 産経新聞の記事になると、何でこのような報道の仕方になるのという次元です。

立憲民主・辻元国対委員長、外国人献金問題「間違いがあった」 辞任は重ねて否定」(産経新聞2019年2月7日)
「外国人からの政治献金を禁じる政治資金規正法に違反する恐れがあるが、国対委員長の辞任については「そこまでは至らない」と重ねて否定した。」
 そもそも国対委員長を辞任しなければならないような問題ではありません。大した問題ではないのに、敢えてことさらに煽っているのです。

 国会議員にもなおもかみつく人たちがいます。その代表例はこの方。
立憲・辻元清美氏に政治資金規正法違反の外国人からの献金」(和田政宗氏)
「韓国籍の弁護士から政治資金規正法で禁止されている外国人献金を受けていたとの夕刊フジのスクープ。
 法律の専門家である弁護士が、政治資金規正法に違反することを知らなかったということがあるのでしょうか。」

政治とカネが問題になるのは自民党の方だよね


 弁護士だから知らないはずがない?

 もともと外国籍だから献金がダメというのも時代遅れの感がある規制です。

 想定していたのは、米ソ対立の冷戦時代、外国政府の「献金」要は資金援助によって政治が歪められるのを防止するためです。

 そうであれば、外国人一般や外国政府ならともかく、永住資格や特別永住資格をもつ外国人が献金したからといって大騒ぎするほどのことでもありません。

 現状、禁止されているからそれには従うというだけで、それ以上のものではなく(違法ではあるので気を付けましょうというレベルでしかなく、辻元清美氏は既に修正されています。)、むしろ、法律の改正こそ必要でしょう。あまりに時代遅れの規制なのです。

 さて、辻元清美氏に献金した弁護士が違法とわかっていたのかどうか、それは辻元清美氏の立場からはどうでもよいことです。外国人に外国人であることを隠して悪意をもって献金などされたら、それだけで議員としてアウト? なんていう非常識なことにもなりかねませんし、そうでなくても辻元氏側がすべてをチェックできるはずもありません。辻元氏が心底、悪意ならそもそも計上もしなかったかもしれません。

 この程度のことなのですから、ことさらに煽るようなマスコミの報道には印象(イメージ)に欺されないように注意してください。

あわせて読みたい

「辻元清美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故 被害者の実名は必要か

    かさこ

  2. 2

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  3. 3

    池袋車両暴走は政治家の責任か

    篠田 英朗

  4. 4

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  5. 5

    日本の終身雇用制度が完全終了か

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  6. 6

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  7. 7

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  8. 8

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    東大の男性優位 出身高校にも差

    大隅典子

  10. 10

    人気ラッパー語るアイドル界の闇

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。