記事

仏ルノー、ゴーン前会長の資金不正疑惑を検察に報告へ 披露宴に関連


[パリ 7日 ロイター] - フランスの自動車大手ルノー<RENA.PA>は7日、ゴーン前会長が、同社がベルサイユ宮殿と結んだ修復支援契約を利用して、5万ユーロ(5万7000ドル)の私的な利益を得たとの内部調査結果を発表、検察当局に通報する方針を明らかにした。

これに先立ち、同国のフィガロ紙は、ゴーン前会長が2016年にベルサイユ宮殿内の大トリアノン宮殿を借りて結婚披露宴を挙げた際の費用が、この契約でカバーされていたと報じていた。

ルノーは、ゴーン前会長が「ベルサイユ宮殿との後援契約に基づき、5万ユーロの私的な利益を与えられた」ことが調査で明らかになったと発表。「司法当局に報告することを決定した」と明らかにした。

ゴーン前会長とキャロル夫人は2016年10月8日に披露宴を開いた。

ルノーは日産自動車の会長を務めていたゴーン被告が昨年11月に日本で逮捕された数日後に前会長の報酬に関する内部調査に着手。不正行為が報告されたのは今回が初めてとなった。

ルノーではゴーン被告が会長職を退任し、1月24日に仏ミシュラン出身のジャンドミニク・スナール氏が新会長に指名された。

ゴーン被告の弁護人を務める大鶴基成弁護士の事務所はコメントの求めにこれまでのところ応じていない。

事情に詳しい関係者によると、ルノーはベルサイユ宮殿の修復費のうち230万ユーロを支援する契約を締結。その見返りとして、支援額の4分の1に相当する57万5000ユーロ相当のサービスを同宮殿から受ける枠が付与された。

関係筋によると、ゴーン前会長とキャロル夫人が披露宴で大トリアノン宮殿を借りた際の費用がこの使用枠から差し引かれたという。マリー・アントワネットをイメージした衣装が用いられた披露宴はその豪華さで話題を呼んだ。

事情に詳しい関係筋はロイターに対し、ルノー取締役会の倫理委員会が、フィガロ紙で報道された調査結果について6日に報告を受けたと述べた。

*内容を追しました。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室騒動招いた宮内庁の調査不足

    毒蝮三太夫

  2. 2

    不摂生後悔…堀ちえみガンと闘う

    渡邉裕二

  3. 3

    日本の信頼落とす中国パクリ企業

    メディアゴン

  4. 4

    大川長男 脱会原因は清水富美加

    文春オンライン

  5. 5

    日本企業の英国撤退 次は韓国か

    早川忠孝

  6. 6

    24時間営業に固執 コンビニの闇

    猪野 亨

  7. 7

    両陛下と秋篠宮さま 緊迫の90分

    女性自身

  8. 8

    よしのり氏 安倍首相は平和ボケ

    小林よしのり

  9. 9

    全荷物を機内持ち込みにする利点

    内藤忍

  10. 10

    ホンダ イギリス工場撤退の衝撃

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。