記事

泉佐野市、早いもの勝ちのふるさと納税“100億円還元閉店キャンペーン” アクセス集中でサイトつながりにくく

 2017年度のふるさと納税受け入れ額135億円で全国トップの大阪・泉佐野市が、3月31日をもってふるさと納税を一旦閉鎖すると発表した。

 ふるさと納税をめぐっては、商品券や地場産品ではない返礼品もあり、総務省が是正するよう各地方自治体に求めていた。当時の野田総務大臣は、泉佐野市を名指しし「真摯に受け止めて1日も早く必要な見直しを」と指摘。泉佐野市の八島副市長は「努力やアイデアを重ねた結果であり、総務省は一方的だ」と反発していた。

 そんな中、泉佐野市が打ち出したのは「100億円還元閉店キャンペーン」。返礼品のほかにAmazonギフト券がもらえるというもので、例えば1万5000円を寄付した場合、返礼品のビール1ケースに加えてAmazonギフト券3000円がプレゼントされる。ギフト券の還元は100億円分に達した段階で終了するため、泉佐野市の特設サイトはアクセス集中でつながりにくい状態となっている(7日14時時点)。

 キャンペーンの趣旨について泉佐野市は「ふるさと納税制度が大きく変わろうとしている。4月を前に感謝の気持ちを込めて」としている。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

PayPay第2弾“100億円キャンペーン”は「合理的だけどガッカリ」

あわせて読みたい

「ふるさと納税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  5. 5

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  7. 7

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  8. 8

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    LIXIL社長 論点すり替えで復権

    大関暁夫

  10. 10

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。