記事

school lawyerのススメ

野田市の女児殺害事件に関連して、NHKサイトに次のような記事が載っている。

法律で小さな命を守りたい

法律なんかで何ができるのかと言われそうではあるが、モンスターペアレントの問題、あるいは今回の野田市の事件のような児童虐待の問題、さらにはいじめや様々な方向での校内暴力について、法的思考や法的技法が必要だと思われる場面は数多い。


上記記事では、鹿児島の弁護士さんのメッセージから始まり、可児市のスクールローヤーの話などが取り上げられている。

もちろん法律の役割というのは、例えば警察に頼るというようなこととは似て非なるものである。即効性よりも長期的な視点で望まれることでもある。
そんな様々な思いを、上記記事を読んで考えてもらいたい。

あわせて読みたい

「学校」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。