記事

落合陽一が会食で仕事の話をしないワケ

1/2

AI、ブロックチェーン、仮想通貨、自動運転……新技術が登場し、世界は激変している。一方、日本は低成長、少子高齢化、人口減少に喘ぐ。我々が世界で生き残る戦略とは。新時代の論客2人が熱く議論する。

AI・デジタルテクノロジーが変える働き方

【三浦】シンギュラリティ(AIの性能が地球上の全人類の知能の総和を超える転換点。未来学者レイ・カーツワイルはそれが2045年に訪れると予測した)をきっかけに、「さまざまな仕事をAIが代替する」という議論が活発になってきました。


(左)落合陽一氏(右)三浦瑠麗氏

【落合】AIが現存する職を代替していくことは間違いない。まずは限界費用の面で賃金が高い仕事は機械に代替されていくだろうし、逆に定型的で低コストのボリュームゾーン、たとえば一般事務のような仕事も取って代わられるでしょうね。

【三浦】皆がなくなると思っている仕事よりももっと上の仕事までAIが代替してくれるんだから、皆が思っている「なくなる仕事リスト」というのは、ある意味で不完全かもしれない。そもそも「仕事がなくなる」というのは「みんなが失職する」という意味じゃないですよね。ただし、自分でそんなに判断を下していないレベルのホワイトカラーの人たちが日頃根回しに使っているような仕事の時間というのは、多分、大幅に最適化されてなくなっていくでしょうけど。

【落合】あとは無駄な議論が減っていくんじゃないかと思う、地味に。つまり会社で会議している時間のほとんどって、別に対面型でやる必要ないじゃないですか。対面会議に必要だった人材は、多分、オンラインで会議するようになると減っていく。実際そこで雇用が失われるかというと、そうでもないと思いますけど。

【三浦】そうすると、皆の働き方はどうなっていくのかしら?

【落合】日々の会議や打ち合わせは、多分、チャットツールみたいなものになっていくと思いますよ。こうやって対談するのだって、(取材用の)カメラがあるからで、本当ならテレビ会議で済む話じゃないですか。テレビ会議で済むことがほとんどになってくる感じがしますけどね。

【三浦】皆、職場では出世競争とか、次の人事がどうなるんだろうってことに結構時間を使っているでしょう。でもAIが入っていろいろなものが最適化されたり、いろいろな判断を人間がしなくてよくなったりしたら、皆の情熱が向かう先はどこなのか。私には、ちょっと見えないところがあるんですよね。

【落合】人事評定が自動化されるのはあると思いますよ。人事を自動化するためのツールってデータだけで済むので他のロボットよりはつくるのラクだし安いから。

【三浦】AIなら認知バイアス(目立った特徴に引きずられて、他の特徴についての評価が歪められること)がかかっているような差別を排除して、最適化してくれる。

【落合】うん。(仕事への)コミットメントが高い人を並び替えるだけだから。

【三浦】だから多分皆、本気で失業すると思っているわけじゃなくて、AIによって自動的に出世や人事が決められるようになったときに、「何に情熱を持って働けばいいんだろう」というのが一番不安な点だと思う。

【落合】なるほどね。でも逆に僕が思うのは、今仕事に情熱を持っている人たちは本当に情熱を持って仕事をしているのだろうか、と。働き方が変わっても変わらなくても、その根底は変わらないというか。皆が不安だというから不安だというような、不安の坩堝(るつぼ)という感じがします。

■個人の価値が見抜かれる社会に

【三浦】AIが社会を変えるかと言えば、多分、結構大きく変えるでしょう。でも今までだって(コンピュータやインターネットの登場などの)大きな変化はあったわけで、その変化に従属してきた人にとっては、今までとあまり変わらない。

【落合】そうですね。(変化に合わせて)労働賃金が最適化されるだけで。「デジタルリバランス」と我々はよく言うんですが、デジタルになることで限界費用や限界効用、資本回収率、経済成長、多様性、現場の回し方など、ミクロからマクロまでもう一回調整されることが多分にあると思ってて。つまり(さまざまなビジネスの)損益分岐点は変わるし、限界費用や賃金の平衡点も変わってくる。この平衡点がズレるっていうのが一番大きな変化だと思います。たとえば極端に賃金が低くなる人は出てくると思いますが、その職業がなくなるかと言えば多分なくならない。それが結論。ただ、その職業をやって生きていけるかと言えば、生きていけない人ばっかりになる職業もある、と。

【三浦】変えられないならね。

【落合】そう、変えられないなら。でも、結局そんな世界では生きていけないから、変えるでしょって話。

【三浦】ビジネスマンにアドバイスするとしたらどうします?

【落合】タコが擬態するようにスーツを着ることでお金をもらっている人とか、イスを温めに会議に出るだけでお金がもらえる人たちっていますよね。でもたとえれば、「皆がサーモグラフィーカメラを付けてたら、擬態は関係なくなる」。擬態力を鍛える前に、自分だけの価値をつくりましょう、と。そこを見抜くのがデジタル社会だと思いますけどね。

【三浦】テクノロジーの変化ということで言えば、AIの進化に加えてブロックチェーン(仮想通貨の基盤技術としても知られる最先端の情報管理技術のこと)が合意を代替していくようになると、落合さんが「擬態」と呼ぶような人たちの中の専門職、たとえば弁護士とか公認会計士とか契約業務にかかわる人たちの、これは裁判所も含めてですけど、仕事がガサッとなくなるというのはあるような気がしますね。

【落合】電子決済が進んでネット上で自動管理されるようになれば、税理士的な計算は必要がなくなる。キャッシュレス化した国で税理士がほぼ消滅したという話をよく聞きますけど、日本も労働効率からの観点でやがてそうなるかもしれない。でも日本は現金を愛しすぎるから、そうはならないかもしれない。それでも、会社からもらうお金が日本円ではなくて、トークン(代用貨幣。お金の代わりに発行されるもののこと)や株や仮想通貨でもらったりすることが今後、非常に増えるんじゃないですかね。

新たなコミュニケーションと価値観の登場

■スカイプがあれば、孤独は感じない

【落合】ネットがどこでもつながるようになってから、僕はどこへ行くにも1人で行くのが好きになりましたね。1人でバーに入って1人でSNSを見ているほうが、誰かと一緒にバーに行くより好き。

【三浦】家族旅行はしないんですか?

【落合】出張に重ねちゃうことが多いかなぁ。家族旅行したら、妻と子供、もしくは妻の母が面倒を見てくれるので3人で行ってらっしゃいして、僕はいなくなります。なるべく一緒にいたくないんですよ、人間と。考えごとしたいから。そこでずっと仕事をしているか、スカイプしている。なんか、フィジカルな人と一緒にいたくないんです。会社とかラボでも誰かと一緒にいたくないんで、ベランダとかにいるかな。

【三浦】1人でいて孤独は感じない?

【落合】別に。あんまり感じない。必要なときに誰かと連絡取れるから。

【三浦】落合さんとか、ホリエモン(堀江貴文氏)みたいな人は何人もいないわけで、そういう人が語る未来の社会像って、ハッキリ言って限定的じゃない?

【落合】そうかなあ。この間、ウチの学生さんがたこ焼きパーティーするって言うから、「楽しそうだね。どこでやるの? 俺も行きたい」って言ったら、「スカイプで」だって。そういうのウチの大学ではよくありますけどね。

【三浦】それぞれ自分でたこ焼き焼いて、スカイプしながら食べる。

【落合】そう。合理的じゃないですか。割り勘する手間も省けるし。ウチは結構皆でハングアウト(Googleのメッセンジャーアプリ)でつながってバラバラに飲み会してますよ。僕も1日3~4時間はハングアウトをつなぎっぱなしにして、学生と話をしてる。

【三浦】そうなんだ。生身の人間じゃないにしても、私の基準からするとメチャメチャ人とつるんでる気がする。

【落合】だから孤独を感じないみたいな。つるもうと思えばいつでもつるめる状態というか、つるんでなくてもつるんでいるみたいな不思議な感じ。

【三浦】落合研究室ではそうかもしれないけど、皆はどうなのかな。「出社する必要は必ずしもありません。スカイプで十分」みたいな生活に移行するのかな。

【落合】すでに結構、移行しているような気がします。スカイプでつながっていたら、たとえばゼミの時間に美術館にいてもいいわけですよ。そこで見聞きする情報の複雑性は増すし。ただフィジカルにいたほうが得られるものが大きいときもあるから、さすがにゼミは皆来ますけど。ただ、遠隔ゼミのときは皆いる場所がバラバラで、それで結構楽しいこともある。この前、僕と複数の学生がオーストラリアにいて、誰かのタブレットで日本にいる学生とつないで街中でゼミをやりました。明らかに昔より自由になった気がしますね。

【三浦】クリエーティブ界隈はそうかもね。

【落合】まあ全部がそうなるわけじゃないから。でも1割、2割が変わってくるだけで全体のバランスが崩れる。2割変わると残りの8割も変わるじゃないですか。

【三浦】まあ、ある程度はね。

【落合】大学で教えていると、スカイプでやるほうがフェアだなって思うんですよ。

【三浦】認知バイアスが軽減される。

【落合】相手の性別とか年齢とか、関係なくなるから。物事をズバズバと互いに言い合えるのは、声だけの存在になっているからだと思っていて。会議しててもそう思う。相手が不利な条件を突きつけてくるときだけ、対面のコミュニケーションになっている気がするんですよ。だから僕は夕食の席で仕事の話はしない。会食で何か物事を決定しようとしてくる奴は絶対に裏があると思って、そういう仕事は絶対に受けない。

【三浦】そうなんだ(笑)。「落合さーん、よろしくお願いしますよ~」的な。

【落合】そういうのってあるじゃないですか。あと「1度ご挨拶に伺って」ってやつ。「挨拶に来なくていいよ。時間ないんだから、スカイプにしてくれよ」って思う。そのほうが議論も議事録も早いしね。

【三浦】まあ、そうなのよね。日本の仕事の多くは、正式な依頼のときに「No」と言われないための努力に割かれている気がする。いわゆる根回しね。

【落合】そうそう。わざわざ僕の時間を使ったうえで、何かしようとするプロセスが無駄なんですよ。とはいえ、対面で会ったら断れなくなるかもしれない。でも、対面では断れなくなるって考えたら、対面で会うことをやめますよね、人と。

でもIoT(身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながる世界)が発達して、「不利な交渉をしないためにはスカイプを使おう。オンライン会議を活用しよう」って記事を『プレジデント』が書いたら、多分、皆そうなると思いますよ。僕は意思決定のために高い解像感が必要なときは直接会うし、それ以外の事務的なミーティングのときはオンラインというふうに明確に使い分けているので。

あわせて読みたい

「落合陽一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  3. 3

    個人事業主はマックの戦略に学べ

    かさこ

  4. 4

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  5. 5

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  6. 6

    大東駿介 水川との不倫に批判

    女性自身

  7. 7

    コロナに次亜塩素酸水 噴霧はNG

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  9. 9

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。