記事

一般教書演説2019、団結を訴える裏で壁建設の必要性を説く

1/2

トランプ大統領は2月5日、2回目となる一般教書演説を行いました。演説時間は前回の1時間20分を超え、1時間22分に及びます。歴代では過去3番目で、クリントン大統領(1995年=1時間24分、2000年=1時間28分)以来という長丁場でした。

35日に及ぶ過去最長の政府機関閉鎖を受け1月27日から延期された今回、拍手喝采の数は104回と2018年の117回を下回りました。ペロシ下院議長が何度も用意していた紙に目を通していた姿がツイッターで話題になった通り、全体的にトランプ大統領が演説中に訴えた「団結」からは程遠い反応だったと言えます。強いていうなら、トランプ大統領が女性の社会進出や過去最高となった女性議員数を称えた瞬間が最も一体感が生まれた瞬間と言えるでしょう。

女性の活躍に言及した場面で、民主党議員もご覧の大盛り上がり。トランプ大統領が「You’re not supposed to do that」とジョークで応酬した後、「Don’t sit yet, you’re gonna like this」と切り返し女性議員数が過去最高を記録したと称賛を送ると、一段とヒートアップしました。ちなみに、民主党女性議員の白い衣服の理由は女性参政権100周年と、トランプ氏の就任演説時と同様です。

民主党女性議員と反対にメラニア夫人がバーバリー製の黒いアンサンブルをまとうなか(ちなみに2018年はメラニア夫人は全身ホワイト、民主党女性議員は黒で揃え真逆の展開)、トランプ大統領の次女ティファニーも白を着用。ただしティファニー、大統領就任式のコートも純白でした。

満場のスタンディング・オベーションを迎えた場面は他に、81歳の誕生日を迎えた強制収容所からの生還者に向け下院本会議場からバースデー・ソングが飛び出した際、トランプ大統領がエイズや小児ガンの撲滅などを訴えた時など限られていました。

なぜ昨年より拍手喝采が少なかったのかと申しますと、事前の報道通り、トランプ大統領はメキシコ国境間の壁建設必要性を訴える機会として、一般教書演説を捉えたためです。演説の間に登場する言葉が如実に表しており「unity、united=団結」はたった4回で「中国」や「不法移民」に並び、「超党(bipartisan)」は1回に過ぎません。しかしながら「壁は」10回でした。

あわせて読みたい

「一般教書演説」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野口健 グレタさんを非難し賛否

    女性自身

  2. 2

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    西武・松坂の不可解な縁故採用

    幻冬舎plus

  4. 4

    立民議員「安倍首相は口だけ」

    大串博志

  5. 5

    廃業で行き場失う日本の高級木材

    田中淳夫

  6. 6

    哲学なき小泉大臣 成果残せるか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    池上彰氏が英EU離脱の争点を解説

    NEWSポストセブン

  8. 8

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    F35の組み立て継続へ 米が希望か

    清谷信一

  10. 10

    米ポルノサイト訪問数 日本は2位

    鎌田 傳

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。