記事

米ゴープロ、第4四半期は売上高予想超え 5四半期ぶり黒字


[6日 ロイター] - 米アクションカメラ製造のゴープロ<GPRO.O>の第4・四半期決算は、5四半期ぶりの黒字を計上したほか、売上高が市場予想を上回った。費用削減策が奏功するとともに主力カメラ製品の最新機種「HERO7」の販売が好調だった。

引け後の時間外取引で、ゴープロの株価は当初10%急伸したが、その後上げ幅を縮小し、2%高となった。

純利益は3200万ドルと、前年同期の5590万ドルの赤字から黒字転換した。一時的項目を除く1株利益は0.30ドルで、リフィニティブのまとめたアナリスト予想の0.26ドルを上回った。

売上高は前年同期比13%増の3億7700万ドル。市場予想は3億7420万ドルだった。

日本、中国、韓国、タイを含むアジアのアクションカメラ市場でシェアを拡大。米市場でのシェアは87%だった。

ウェドブッシュ証券のアナリスト、アリシア・リース氏は「ゴープロの第4・四半期の在庫計画は的確だったようだ」と分析。「HERO7ブラックの同期の販売は非常に好調で、平均販売価格(ASP)を20%押し上げた」と述べた。

ゴープロのブライアン・マクギーCFO(最高財務責任者)はアナリストとの電話会見で「HERO7ブラック」は値下げなしで同期に最も売れた商品になったと明らかにした。

同社は2019年上半期の売上高が5億1000万─5億5000万ドルになるとの見通しを示した。

ニコラス・ウッドマン最高経営責任者(CEO)は文書で「足元の勢いと徹底した費用管理の継続で、19年の業績拡大と採算確保を目指す」と表明した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  6. 6

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  7. 7

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。