記事

10歳少女死亡で新事実 専門家の養成が必要

千葉県野田市で、小学4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が、自宅浴室で死亡していた事件で、傷害容疑で逮捕された父の勇一郎容疑者(41)が、2018年2月、心愛さんに書かせた「お父さんにたたかれたというのはうそです」という書面を、千葉県柏児童相談所に提示していたことが、昨日5日、わかりました。児童相談所が、記者会見をして、明らかにしました。

その書面の内容は、「お父さんに叩かれたというのは嘘です。・・・お父さん、お母さん、妹、○○(親族)にたくさんの迷惑をかけてしまいました。ごめんなさい。ずっと前から早く4人で暮らしたいと思っていました。・・・お父さんに早く会いたいです。児童相談所の人にはもう会いたくないので来ないでください。会うと嫌な気分になるので、今日でやめてください。」というものです。

児童相談所は、勇一郎容疑者が内容を指示して心愛さんに書かせたものでしたが、心愛さんに自らの意思で書いたのかを確認しないまま、2日後に親族宅から自宅に戻すことを決定しました。

職員が2018年2月26日に、自宅に戻すかどうかを判断するため親族宅で心愛さんたちと面会し、心愛さんが別室に行った後、勇一郎容疑者が書面を示しながら「家に連れ帰る」と迫り、職人に「名誉毀損で訴える」と発言した、ということです。その年の3月に児童相談所の職員が、書面の内容について尋ねるため学校で面会した際に、心愛さんは「父に書かされた」と打ち明けています。

しかし、一度も自宅に家庭訪問していませんでした。学校のアンケートに虐待を打ち明けた心愛さんの文章と、書かされた文章を比べれば、明らかに違いがわかります。

書かされたと感じながら、心愛さんを自宅に帰したことは、信じられない対応ですし、書かされたと聞いてからも、一度も家庭訪問をしていなかった、ということは、いくら忙しいからといって、子どもを第一に考えていないことの表れだと思います。

先日も、いくら仕組みを作っても、そこの人の感度が悪ければ機能しないと書きました。何度も救える機会があったのに、少女の死亡を止められなかったことは、残念でなりません。原因究明と再発防止は欠かせませんが、根本的な課題として、虐待に向き合う専門家を養成すべきだと思います。

児童虐待防止法を再三改正した時も、専門家が日本には少なすぎて、法律に盛り込めなかった政策がありました。現在の児童相談所は、忙しすぎて数が足りないだけでなく、職員の定期異動のローテーションで、虐待と全く関わってこなかった職員が配置されています。

児童心理士、社会福祉士などの数が足りませんし、児童福祉司は職名でしかないので、国家資格にするなど、子どもの虐待に、しっかり対応できる専門家の養成が必要だと考えます。

あわせて読みたい

「野田市の女児虐待死事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    年金生活者に支援給付金の新制度

    Hirotaka Kanno

  2. 2

    男性を手玉にとる若い女性の不安

    幻冬舎plus

  3. 3

    日本は最も成功した社会主義国

    自由人

  4. 4

    韓国が安倍政権を叩き始めたワケ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    昇進に影響? 忘年会スルーへ警鐘

    かさこ

  6. 6

    野口健 グレタさんを非難し賛否

    女性自身

  7. 7

    シン・ウルトラマンに見るヲタ魂

    krmmk3

  8. 8

    サンド M-1でアマに負けた悔しさ

    幻冬舎plus

  9. 9

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  10. 10

    ヘイト禁止条例に潜む日本人差別

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。