記事

新井浩文容疑者の出演作、相次ぎ放送・配信自粛…セカンドレイプを防ぎつつ作品を残す方法はあるのか?

1/2

ドラマや映画などに引っ張りだこの俳優、新井浩文こと朴慶培容疑者の逮捕に伴い、過去の出演作も含めた放送中止や配信停止の動きが広がっている。

テレビ東京が『このマンガがすごい!』のBlu-rayを予定通り発売するとした一方、NHKオンデマンドは『真田丸』など10作品を販売停止に、4日にフジテレビ系で再放送された『プライド』第10話ではオープニングで新井容疑者の名前にモザイク処理が施され、「何でパクられたの?初めて?ブタ箱入るの」と言うセリフのある出演シーンなどが全てカットされた。

また、CSの映画チャンネルNECOは「出演者が法令違反容疑で逮捕されたことを重く受け止め、番組を変更して放送させて頂きます」として『銀魂』『葛城事件』『名前のない女たち』の放送中止を発表。今年6月に公開を予定していた映画『台風家族』は、配給会社のキノフィルムズが公式Twitter上で公開延期を発表した。


同じ作品であっても対応が分かれるものもある。映画『星ガ丘ワンダーランド』『明烏 あけがらす』はWOWOWが番組を差し替えたのに対し、Amazon Prime Videoは配信を続けている。レンタル業界ではTSUTAYAが「特に貸出し中止の予定はなし(メーカーからの要望あれば検討)」としている一方、ゲオは「商品撤去の予定はないが、社会的影響度を鑑みて検討」とコメントしている。


こうした状況を受け、Twitter上には「作品をお蔵入りさせるのだけは勘弁してほしい」「作品に罪はない」と、作品が見られなくなることに不安や疑問の声も上がっている。コラムニストの小田嶋隆氏も「こういうのって、NHKあたりが先陣切ってこういう措置を発表するから、ほかが追随せざるを得なくなる気がするのだが」とTweetした。

あわせて読みたい

「新井浩文」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    カルビ並と上 違いは見た目だけ?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    宇垣アナ「基本人生は悲しい」

    キャリコネニュース

  3. 3

    住民が語るソープ街・吉原の現在

    フリート横田・渡辺豪

  4. 4

    和田政宗氏 文春記事に抗戦宣言

    和田政宗

  5. 5

    日本による韓国の提案瞬殺は当然

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    山本太郎氏のバラマキ路線は危険

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    舛添氏「韓国は話にならない」

    舛添要一

  8. 8

    韓国が日韓企業の徴用工賠償提案

    ロイター

  9. 9

    安全ピンで撃退OK? 警察に聞いた

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    長文ビジネスメールに外国人困惑

    サイボウズ式

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。