記事

暴言問題、泉前明石市長は“ツイッター人格”で「辞任相当」 ネット時事問題の専門家が危険性指摘

1/2

ビルの立ち退き交渉を巡る不適切発言が明るみになり兵庫県明石市の泉房穂前市長(55)が2日付で辞任した一件は、録音音源の切り取り拡散発覚後に一転して泉前市長の擁護論が高まった他、報道の在り方など様々な議論を生んだ。

今回の報道のきっかけになった音源について、3日にAbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー』の取材に応じた明石市職員労働組合の大岡久展中央執行委員長は「以前から市長が職員に対してキツイ言葉で叱責することはあった。おそらく職員が市長室に録音機を持って入ったんでしょう。4月が市長の任期満了で統一地方選挙が(4月に)予定されている中で、選挙に近い時期なので、それが影響しているのでは」と答えた。

衝撃の一報は「火をつけてこい」という市長の過激発言と共に一気に広まった。その後、市長の「市民の安全を守りたい」と思うゆえの発言だったことが明らかになると、世論の形勢は逆転。泉氏は辞任会見で否定したが、一連の報道を受けて職員の“職務姿勢”に対する疑問の目が向けられたことも事実。

そのことについて前東京都知事の舛添要一氏は「猛烈な勢いで仕事することを嫌がる職員はいる。前任者のときに“ぬるま湯”に浸ってきた場合はなおさら。また政治的な意図を持って録音をすることに関しては、卑怯だなと思います。7年間進まないというのは、泉さんのお気持ちもよくわかる」と私見を述べると「政治の世界では、そういうこともあるということを構えていない方も悪かった」と泉前市長の辞任を残念がった。

さらに舛添氏は取材を受ける側と取材する側の信頼関係に言及し「記者懇談会という形で記者と話をするとき、今からはオフレコですが、本音を話しますねということはよくあった。今はペン型のボイスレコーダーもあって、いつしかオフレコの話を録音して週刊誌に売ってしまう記者が現れるようになった。そのため、厚生労働大臣のときから記者懇談会をやらなくなった。特に給料の低い記者には気を付けていた。それは“アルバイト原稿”だから」と自身の経験を踏まえて語った。

漫画家の江川達也氏(57)は「いまの時代はスマホでも簡単に録音ができる。そのため発言に裏表があると問題になる。選挙活動中にも『火をつけてこい』みたいなことを言っていれば、あぁ、あの人だったらとなる」と極端な例を交えて話すと、舛添氏は「麻生大臣みたいなキャラがいい。いつも変なことを言っていれば、まったく問題にならない」とスタジオの笑いを誘った。

あわせて読みたい

「パワハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄慰霊 本土の捨て石だったか

    古谷経衡

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    首相へヤジに地元民「沖縄の恥」

    和田政宗

  4. 4

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  6. 6

    4年間は寮生活 松下政経塾の実情

    BLOGOS編集部

  7. 7

    自民 参院選前にかつてない逆風

    五十嵐仁

  8. 8

    戦後日本で活躍した天才の転落劇

    fujipon

  9. 9

    会社でキレる人が評価される理由

    非国民通信

  10. 10

    小沢氏は国民民主で役に立たない

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。