記事

米国は中国と「本気」で戦うつもりなのか

1/2

トランプ政権の対中アプローチが変化を見せている。経済だけで対立するのではなく、人権や安全保障など包括的な分野で、強硬姿勢を示すように転じたのだ。その狙いは何か。日本総研の呉軍華氏が分析する――。

中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長の逮捕は、米国の対中戦略の転換を象徴している。(裁判所に出廷するため自宅を出るファーウェイの孟副会長兼CFO 写真=ABACA PRESS/時事通信フォト)

■米国の対中戦略は「引き入れ」から「封じ込め」に転じた

最初に、昨年10月4日に行われたペンス副大統領の演説の意味を確認しておきたい。この演説は、米国が対中戦略の転換を高らかに宣言したという点で歴史的なものだった。

演説の注目点は、ニクソン政権以来の方向転換であるということ。政権によって強弱はあるものの、米国の対中戦略は中国を国際社会に引き入れるエンゲージメント(engagement)が基本だったが、実現できるかどうかは別にしてコンテインメント(containment・封じ込め)に転じた。また、対決をしていく分野も、これまでのように経済に限定せず、人権や安全保障なども含む包括的なものへと転じた。このペンス演説がトランプ政権の対中戦略の根幹を成している可能性が高い。

まだ演説の余韻が残る12月1日、米当局の要請で中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕され、同19日、トランプ大統領が連邦議会で可決した「チベット旅行対等法(The Reciprocal Access to Tibet Act of 2018,H.R.1872)」に署名した。さらに20日、米司法省は米政府機関、軍、企業などの情報を盗んだとして中国国家安全省につながるハッカー集団「APT10」メンバー二人を起訴した。

■人的交流を含んで対中関係を全面的に見直す

中国を代表するグローバル・ハイテク企業としてのファーウェイのステータスと孟晩舟逮捕に対する中国政府の強烈な反発等もあって、孟晩舟事件が事件と直接的な関りを持つ中国、カナダと米国だけでなく、日本を含む他の国々でも大きく注目されている。

これに比して、米国を含め、「チベット旅行対等法」が成立したことへの内外の関心が限定的である一方、中国人ハッカー提訴に対しても、もっぱらサイバーセキュリティや知的財産権の保護といった視点から分析している。

しかし、筆者は、今後の米中関係の流れを見極めるに当たって、孟晩舟事件だけでなく、「チベット旅行対等法」と中国人ハッカー提訴も今後の米中関係の流れを見極めるに当たってきわめて重要な示唆を与えてくれているとみる。

「チベット旅行対等法」の可決は米国が「対等(Reciprocal)」、つまり、米国・米国企業・米国人に対して中国の扱い方と同じな扱い方で中国の関係機関や企業、個人に対処するのを通商・経済分野だけでなく、人的交流を含んで対中関係を全面的に見直す基準として応用しだしたことを意味する。一方、中国人ハッカーを提訴したことは米国が国家レベルだけでなく、個別な組織と個人を制裁の対象に取り上げ、これによって、中国政府だけでなく、中国社会により大きなプレッシャーをかけていこうとしているのではないかと思われるからである。

ちなみに、「チベット旅行対等法」には中国がチベットに米国人の訪問を許可する状況を毎年検証するよう米国務省に求める内容が盛り込まれ、中国が米国人のチベット訪問を制限した場合、国務省がその制限を課した中国政府の関係者の米国入国を禁止する措置を取ることになっているという。

■米中関係を一言で表現すれば「冷和」

こうした判断が正しいならば、2019年の米中関係は下記の三つの特徴を持って展開されていくと予想される。

まずは、米中で展開されている激しい競争がかつての米ソ冷戦を彷彿とさせるほど先鋭化しているものの、なお「冷和」の段階にとどまると予想される。

筆者が初めて「冷和」、つまり米中間の対立が激しくなるなかでも一応の平和を保つというコンセプトで米中関係を分析したのは2015年であった。「ドラゴンスレイヤー」と称されるいわゆる伝統的な対中強硬派だけでなく、中国との融和を主張するいわゆる「パンダ―ハガー」も中国の現状に不満を抱き、米中関係の先行きを悲観視するようになったからであった。

2018年に至って、米国と中国がついに本格的な貿易戦争に突入しただけでなく、イデオロギー・価値観から軍事、ひいては文化面での対立も先鋭化した。しかし、それにもかかわらず、ただいまの米中関係がポスト冷戦時代はもとより冷戦時代よりも緊張しているが、冷戦時代の米ソ関係ほどにはなお至っておらず、なお「冷和」の段階から離脱していない(図表1)。


米中関係の「和」を支えるに当たってもっとも大きな役割を果たしているのは経済的リンケージである。過去一年来のワシントンにおいて、中国経済とのディカップリングを進めるべきとの声が強まってきているものの、製造業から金融サービス業までの経済の各方面において、米国と中国の複雑に絡まったリンケージを少なくとも短期的に切断することは難しいとみてよかろう。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 なぜ休日増やすのか

    小林よしのり

  2. 2

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  3. 3

    朝日の信頼度 今年も全国紙最低

    島田範正

  4. 4

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現実見えぬ文大統領の致命的鈍さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    大阪拳銃強奪 品川区の男を逮捕

    AbemaTIMES

  7. 7

    携帯違約金1000円に メリットは?

    S-MAX

  8. 8

    雅子さまと明暗分かれた紀子さま

    NEWSポストセブン

  9. 9

    政府は香港を守る活動に関与せよ

    やまもといちろう

  10. 10

    老後2000万円批判は大人の居直り

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。