記事

訂正:中国の車載電池大手CATL、ホンダとEV電池を共同開発


[東京 5日 ロイター] - 中国最大手の電気自動車(EV)向け電池メーカー、寧徳時代新能源科技(CATL)<300750.SZ>は5日、ホンダ<7267.T>とEVやプラグインハイブリッド車(PHV)など向け電池を共同開発すると発表した。CATLは2027年までに約56GWh(ギガワットアワー、ギガは10億)のリチウムイオンEVバッテリーをホンダに供給する。

CATLは19年上半期に栃木県宇都宮市に拠点を設立し、共同開発を進め、ホンダ向けに中国国内の工場で生産する。ホンダは25年までに電動車20車種(訂正)以上を中国市場に投入する計画を公表しており、これらの車両に共同開発した電池を搭載するもようだ。

ホンダ広報は、CATLと共同開発する電池について「アジアの電動車両向けを中心に供給を受ける予定」と話しており、北米市場向けについても「一部、視野に入れる予定」という。

ホンダは地域や車種に応じて複数の電池メーカーから調達する方針。同社には、ハイブリッド車用を中心としたGSユアサ<6674.T>との共同出資会社ブルーエナジー(京都市)があるほか、パナソニック<6752.T>からも調達する。北米市場向けでは、米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>と共同開発しており、GMから調達する予定。

CATLは独BMW<BMWG.DE>や独フォルクスワーゲン<VOWG.DE>など世界の自動車大手各社に電池を供給。日産自動車<7201.T>も中国で発売したEV「シルフィ」にCATLの電池を採用している。

*「20台」を「20車種」に訂正します。

(白木真紀、取材協力:田実直美)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  6. 6

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    原則自宅療養の方針に橋下徹氏が懸念「国と地方で責任の押し付け合いがはじまる」

    橋下徹

    08月03日 21:37

  9. 9

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。