記事

M・アリと対戦のオランダ人元ボクサー、番組きっかけに再び脚光


[コシャリスタ(ブルガリア) 3日 ロイター] - 約40年前に元世界王者のモハメド・アリと対戦した元オランダ代表ボクサーが、ドキュメンタリー番組を契機に再び注目を浴びている。

ルディ・ルバースさん(73)は1964年と68年のオリンピックに出場経験を持ち、70年にプロへ転向。73年にインドネシアのジャカルタでアリとこぶしを交え、12回判定負けを喫した。この時12万5000ドルを稼ぎ、精神的に強くなったという。

引退後、遊園地などで数年間働いたが、パートナーのリアさんが99年に破産宣告を受け、ホームレスに。レバノン、モロッコ、エジプト、ポルトガルなどを点々とし、数年前にこのブルガリアにたどり着いた。

凍りつくような寒さの中、壊れた小型トラックで、リアさんや16匹の犬と生活する。「犬がこんなにいては、家には住めない」という。電気も水もトイレもない。

前週に母国オランダで放映された番組がきっかけとなり、経歴に大きな注目が集まるようになったものの、暮らしは苦しく、近隣住民から食べ物や服を支援してもらっている。

オランダではかつてのヒーローの困窮ぶりに衝撃が広がり、クラウドファンディングで1万2500ユーロ(約157万円)が義援金として集まった。2年間疎遠になっていた息子とも連絡が取れた。

アリとは対戦後も親交があったもようで、何年も後でオランダに来て「ルディ、君は私に何かを教えてくれた人間の中で、唯一の白人だ」との言葉をかけてくれたという。

ボクシングについては「愛しているが、以前とは変わった。もっと戦闘的になってしまった」と昔を懐かしむ様子を見せた。

*写真が正しく表示されなかったため、再送します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  6. 6

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  7. 7

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。