記事

【2019スーパーボウルCM】

米NFL=プロフットボールリーグの年間王者を決めるスーパーボウルが3日、南部ジョージア州アトランタで開かれました。3季連続11回目出場のニューイングランド・ペイトリオッツと17季ぶり4回目出場のロサンゼルス・ラムズが対戦。

ロサンゼルスのスーパーのレジで「スーパーボウル見るの?」と聞かれました。確かに見たけど、試合ではなくCMを見るため。もっとも視聴率が高いスーパーボウルのCMはいつも話題です。

今回は、30秒の枠が525万ドル(約5億7000万円)!

▼多様性の重要性を訴えるもの(Google, Microsoftなど)、▼女性を勇気づけるもの(Toyota, デートアプリのBumbleなど)、▼テックを前面に押し出したもの(Amazon、ポテチのPringleなど)、▼ノスタルジアに訴えるもの(ベルギービールの「ステラ アルトワなど)が印象的でした。



New York Timesは「スーパーボウルのスポンサー各社は、政治メッセージが注目を奪った2017年の二の舞を避けようとしている」と総括しています。

1990年代のノスタルジアを誘うものとしてベルギービールの「ステラ アルトワ」のCMを紹介。人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」に出演したサラ・ジェシカ・パーカーがキャリー・ブラッドショー役を再び演じ、幅広い年代層を意識したものだと伝えています。

ステレオタイプ打破を目指すものは、女性フットボール選手のAntoinette HarrisをフィーチャーしたToyotaのCMで彼女と新車を重ねて「持っていた印象を粉々にする(shatter perceptions)」というメッセージです。



デートアプリのBumbleはテニスのSerena Williams選手が出演のCMで「最初の一手を(make the first move)」という力強いメッセージです。



CBSはGoogleの100 Billion Words(1000億の言葉)というCMで、翻訳機能の本来の目的が「理解しあいシェアすること」ということに気づかせられるウルッとする内容だとしています。



去年「最悪のCM」と言われたチョコレートのM&Mは、今回、無難な内容だと評価しています。



TechCrunchは、MicrosoftのCMについて「テクノロジーが人々の暮らしをよくすることができる」というメッセージと紹介しつつ「テック業界に対する反発の修正を狙ったものか」とも。



Amazonが音声アシスタントを使ったCMとあわせて、ポテチのPringlesが音声アシスタントを使ったほか、テック企業以外でロボットを使っているのが目立つと指摘。



上は、俳優のハリソン・フォードです。



Varietyによると11年連続でスーパーボウルのスポンサーをしてきたCoca Colaは今回、試合ではなく、その前の時間帯に放映。キックオフの前で国歌斉唱の直前となる60秒CMでは多様性と国家の団結のメッセージ。



個人的にはこれが好きでした。Difference is beautiful and together is beautiful, too.

あわせて読みたい

「CM」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  4. 4

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  5. 5

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  6. 6

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  9. 9

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。