記事

麗華の想いを直接聞いて、涙が止まりませんでした――対公安調査庁の裁判傍聴記

1/2

 2019年1月31日午後2時から、公安調査庁がわたしの妹である松本麗華をアレフの現職幹部などと虚偽の主張をした件につき、取り消し等を求めた裁判がありました。
この日は、妹の意見陳述があったため、わたしも傍聴しました。

 この日の法廷はいわゆる警備法廷で、審理開始前に原告側の当事者である麗華と代理人である松井武先生を除いて、傍聴人や被告である国の代理人は全て法廷に入っていました。国側の代理人である訟務検事は5人です。もしかしたら、傍聴席にも1~2人ぐらいいたかもしれません。

 国は税金から好きなだけ代理人を選任できます。その代理人に支払われるお金は税金でまかなわれており、麗華やわたしたちが働いて納めた税金も、麗華を敗訴させるために選任された訟務検事に使われているかもしれません。
 5人ぞろぞろと法廷に入ってきた訟務検事を見ながら、いろいろと考えてしまいました。

2時前に、松井先生に続いて、麗華が一礼して法廷に入ってきました。

 最初に被告である国が提出した書類の撤回等について5分程度話があり、また、麗華の方にも書類の撤回についての話がありました。


その後麗華が意見書を手に証言台に立ちました。

 緊張に手足を震わせながら、それでもはっきりと大きな声で意見陳述を始める麗華。その麗華がおえつをこらえるように、やがてこらえきれずに泣きはじめるまで、時間はかかりませんでした。
 意見陳述の内容は、麗華のこれまでの人生、公安調査庁によってより生きづらくさせられたこと、今まで支えてきてくださった方たちや、実質的な審理を長期間にわたり行ってくださった、裁判官や書記官の方たちに対する感謝でした。

麗華がこの日のような意見を公開の法廷で述べたのは、初めてだったと思います。普段、親しい人には話しても、公ではあまり口に出さなかった想いや感謝が、短い意見書の中で丁寧にまとめられていました。もしかしたら、傍聴をされていた方の中には、新鮮に感じる方もいたかもしれません。

 両親が逮捕されたのは、妹が12歳のときのことです。親戚から引き取ることをこばまれた妹は、行く当てもなく教団施設に取り残されました。
保護者を失い、小学校にも行けず、自分の名前を漢字で書くこともできなかった妹は、マスコミや教団の人たちに利用されることになります。

マスコミはどんな嘘を報じても裁判を起こされる心配がないと知っていたのでしょう。妹は存在すら知らなかった人を殺せと命じたと報じられ、行ったこともない場所に行ったことにされました。

 そうやって作り上げられた「三女アーチャリー」というモンスターのような人格や悪印象を、今度は公安調査庁が利用しようとしました。国までもが、ぼろぼろになった妹をさらに追い込んでいったのです。
 松井先生は、「今ではこの『三女』や『アーチャリー』という言葉には、軽蔑や侮蔑などの意味も込められているんじゃないか」とおっしゃっていたことがありました。

 実は、公安調査庁は2000年に、麗華を「実質的な役員としての任務をはたしていたとは認めがたい」と、役員であることを否定していました。ところがなぜか2014年に突然、妹が事件当時も役員であり、現在も役員であると主張しはじめたのです。

 当時の妹の年齢から、また、妹の周囲の環境・状況からも、形式的にも実質的にも役員であると主張するのは無理があります。公安調査庁は、マスコミが作った「三女アーチャリー」というモンスターがアレフの役員であり、そのアレフを監視するのに今後とも自分たちが必要だと、訴えたかったのかもしれません。
 
 国にまで生きる道を閉ざされた絶望は、死んで楽になりたいという麗華の思いを強くし、麗華によれば、例えば自転車に乗っているとき、ハンドルを切ればトラックがひき殺してくれる、車がはねてくれると、手が勝手に動きそうになるほどに、追い詰められていったそうです。


あわせて読みたい

「オウム真理教」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  2. 2

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  3. 3

    大相撲「トランプ杯」授与に反対

    鈴木しんじ

  4. 4

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  5. 5

    批判に弱い幻冬舎の見城徹社長

    渡邉裕二

  6. 6

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    雑誌の衰退は何を意味するのか

    門田隆将

  9. 9

    セブン廃棄ロス策 5%還元に呆れ

    永江一石

  10. 10

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。