記事

児童の虐待死 公務員の事なかれ主義が招く不幸 クレーマーが大暴れするのは担当者の責任ではない

 小学4年の女児が父親から虐待を受け、死亡した事件では、野田市教育委員会の対応の非常識さが際立っていますが、問題の発端は、一時保護した児相がその保護を解除してしまったことです。一時保護を解除した後も自宅を訪問することもなく、放置したことの責任は重大です。

また守れなかった小さい命 公務員のやる気を疑う 大きな声に弱い体質


 こうした公務員間の負の連鎖が最悪の事態を招いたと言えますが、とにかくこうした問題のある親(市民)からのクレームに役所はとことん弱いという性質が如実に表れています。

 私も役所との間でやり取りをしていると、とかく担当者は事を大きくしたくないという姿勢を露骨に感じることがあります。そういう場合は、こっちに何とかして欲しいという「懇願」だったり「強要」だったりするのですが、クレームに対する弱腰が原因です。

 その弱腰の担当者は、上司や役所にクレームが上がっていくことを極度に恐れているのか、あるいは訴訟提起されることを恐れているのか、などもありますし、議員の名前を出すなどは普通にある常套文句です(その議員が名前を使われているだけのこともあれば、議員の名前を出さなず、はったりの場合もあります。)。そうしたことに対し、クレームが上がってしまうと、その担当者が人事評価での査定が低くされてしまうということもあるようです。

 その担当者がクレーム処理できなかったという事実だけが独り歩きすればそうなってしまいます。これでは到底、査定と言えるようなものではありません。

 本来であれば、何故、その担当者のみでは対応しきれなかったのか内容の問題ににもなります。

 担当者がとにかく穏便に済ませようとするのですが、これは上司に相談しても自分で何とかしろということで突き返されることがあるからこそ、自分で「穏便」に済ませようということになる背景があります。無能扱いというのはどこにもあるのですが、その背景には上司が自分の査定に響くと考えるからでもあります。

 その結果、かえって悪循環に陥ったりもしますし、担当者自身が苦しむことになってしまってしまうだけでなく、問題も解決せず、さらに大きくしてしまいます。何よりも「穏便」するために無駄な労力も使うだけでなく、何の生産性もないので精神的に苦痛なだけです。

 こうした事なかれ主義は、クレーマーの問題ある態度を助長してしまっています。役所の体質そのものの問題と考えなければなりません。

あわせて読みたい

「野田市の女児虐待死事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イチロー会見で雑なマスコミ露呈

    山本直人

  2. 2

    消費税増税分の84%は使途不明か

    田中龍作

  3. 3

    イチロー引退試合は茶番ではない

    森山たつを / もりぞお

  4. 4

    自民入党の鷲尾氏「限界感じた」

    鷲尾英一郎

  5. 5

    利益は上げず会社を憎む日本人

    橘玲

  6. 6

    日本を盗っ人と呼ぶ韓国は卑劣

    PRESIDENT Online

  7. 7

    高須院長 大阪W選の自共に苦言

    NEWSポストセブン

  8. 8

    Googleマップ ゼンリンと決裂か

    NewsInsight

  9. 9

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    やる気ないオジサン会社員の胸中

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。