記事

原油先物は反落、需給ひっ迫観測などが価格下支え


[シンガポール 4日 ロイター] - 4日のアジア時間の取引で原油先物が反落している。前営業日には約3%上昇していた。ただ、需給ひっ迫観測や米中通商摩擦に解消の兆しが見られることが価格を下支えしている。

0122GMT(日本時間午前10時22分)時点で米WTI先物<CLc1>は0.20ドル(0.36%)安の1バレル=55.06ドル。

前営業日は2.73%上昇し、11月19日以来の高値で終了した。

ブレント先物<LCOc1>は、0.24ドル安の62.51ドル。前営業日は3.14%高となり、11月21日以来の高値で終了した。

オーストラリア・アンド・ニュージーランド銀行(ANZ)はリサーチノートで、最近の供給サイドの問題や景気減速懸念の緩和を受け、原油価格は上昇していたと説明した。

ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが公表した1日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は、前週比15基減の847基と、2018年5月以来の低水準となった。[nL3N1ZX0AC]

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  8. 8

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。