記事

東ガスなど国内最大規模の石炭火力発電所計画が中止

東京ガス、九州電力、出光興産の3社は1月31日、千葉県袖ケ浦市で計画されていた石炭火力発電所の新設を断念すると発表した。国内最大規模の新設計画だったが、環境対策にかかる設備費など事業の採算性が合わないと判断した。今後東京ガスと九州電力は燃料をLNG(液化天然ガス)に変更して検討を進めていく。市民団体やNGOからは新設中止を歓迎する一方で、「LNGではなく自然エネルギーへのシフトを求める」との声も出ている。(オルタナ編集部=堀理雄)

新設が計画されていたのは、設備容量が200万キロワットで、原子力発電所2基分に相当する国内最大規模の石炭火力発電所だ。2016年に始まった電力自由化を踏まえ計画された。

3社は環境基準を満たすため、当初予定していた石炭火力だけでなく、石炭とバイオマスとの混焼による発電に計画を変更した。しかし、「そのための設備投資や木材チップの調達コストなどがかさむことから、事業の採算性が見込めないとして計画の断念に至った」(東京ガス広報部)という。

今後東京ガスと九州電力の2社は、燃料をLNGに変更し、火力発電所の新設計画を継続する。LNGは石炭に比べCO2の排出や大気汚染物質など環境負荷は低いものの、市民団体やNGOからは、パリ協定を踏まえ化石燃料を使用した発電をやめるべきとの指摘が出ている。

「石炭火力を考える東京湾の会」は1月31日に声明を発表。「『中止』の決断は、極めて真っ当」としながらも、「パリ協定に基づく『1.5℃目標』の達成を目指すためには、今後はいかなる化石燃料の発電所も新たに新築することは認められない」とした。

国際環境NGOのグリーンピース・ジャパンも同日発表した声明で、「脱石炭に向けた決定は前向き」と評価した上で、「喫緊で求められるのは、エネルギー効率向上と持続可能な自然エネルギーへのシフトと投資を加速すること」だと述べた。

東京ガスでは昨年10月に発表した経営計画の中で、国内40万キロワット、海外60万キロワットで計100万キロワットの自然エネルギー電源の獲得をめざすとしている。同社広報部は、「環境面への配慮を踏まえつつ、低炭素に向けて取り組みを進めていきたい」と述べた。

あわせて読みたい

「火力発電」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  7. 7

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。