記事

景況感レベルではドル優勢?/今週の主要材料と展望

みなさん、こんにちは!

為替千里眼、この週末は体調不良でお休みさせて頂きましたが、外は嵐のような強風で春の穏やかな陽気とはかなり掛け離れた状況に心理状態もなかなか落ち着かないところかもしれません。マーケットもなんだかんだで膠着状態と言いましょうか、値幅こそ出ているものの方向性に乏しく、やはレンジ内を往ったり来たりの状況に共通のテーマもなかなか見出せていないというところかもしれません。今日は少々遅くなりましたが、今週の主要材料と展望を取り上げたいと思いますが、ご周知のとおり今週は月初恒例重要イベントウィークではありますので、言うまでもなく争点は各国政策金利や米雇用統計に絞られるものと思われますが、全般的に市場環境が好転しつつあるなか、再びドル円が復調気味なのに対してストレートがやや低調ではありますので、市場のリスクセンチメントがどのような方向に傾くのか、見極めたいところかもしれません。

CFTC IMM positions(March 27, 2012)

JPY:Long10,905  Short78,527
EUR:Long34,033  Short123,162
GBP:Long26,609  Short37,719
CAD:Long53,432  Short29,695
CHF:Long6,293   Short21,389
AUD:Long91,615  Short32,041
NZD:Long14,046  Short10,062

※先週データはこちら

週末にアップできませんでしたIMMポジションです。

前週比では再び円ショートが拡大、その他ストレートも全般的にドルロングの規模が縮小しておりますので、プライス面では少々分かりにくいところもありますが、全般的には市場環境の改善を背景としたリスクオンの状態が続いていると判断されます。ただ、オージーに関しましてはロングが拡大しておらず、ショートが解消されたことによる上値更新という部分はあったかもしれませんが、引続き中国マクロの不透明感などを背景に上値は抑制される可能性が高いため、引続き中期レジストと雲下限サポートのせめぎ合いが続くようなイメージです。

従来のリスクオン地合いがドル売りのストレート買い、リスク回避がドル買いのストレート売りにはなっていない点が、昨今の展開の難しさだと思われます。

▼最大20画面チャート展開「FX PRO」


続いて今週の主要材料です。
既に公表済みのものも含まれますが、その点はお含み下さい。

■4月02日(月)
・日銀短観
・豪住宅建設許可
・スイスリテール
・独PMI-mfg(Final)
・欧PMI-mfg(Final)
・英PMI-mfg
・欧失業率
・米ISM-mfg
・米建設支出
※Fedブラード総裁、講演(23時)
※Fedピアナルト総裁、講演(25時35分)

■4月03日(火)
・豪リテール
・RBAレートアナウンス
・英PMI-const
・欧PPI
・米製造業受注
・米FOMC議事録
※Fedウィリアムズ総裁、講演(29時)

■4月04日(水)
・豪貿易収支
・欧PMI-serv(Final)
・欧PMI-comp(Final)
・英PMI-serv
・欧リテール
・独製造業受注
・ECBレートアナウンス
・米ADP
・米ISM-nonmfg
※スペイン3・4・5年債入札(17時30分)
※独5年債入札(19時:40億EUR)

※ECBドラギ総裁、定例会見(21時30分)
※Fedウィリアムズ総裁、講演(24時)

■4月05日(木)
・スイスCPI
・英鉱工業生産
・英製造業生産
・独鉱工業生産
・BOEレートアナウンス
・米IJC
・加雇用統計
・加住宅建設許可
・加アイビーPMI
※フランス6・10・30年債入札(17時50分)
※Fedブラード総裁、講演(22時10分)

■4月06日(金)
・本邦景気動向指数
・米雇用統計
・米消費者信用残


先週末公表の米マクロは、シカゴPMIこそ市場予想を下回ったものの、その他のマクロは概ね好調さを維持しており、全般的には米個人消費の堅調を示す結果となったことで利回りは一時5bp以上上昇、ドル円もそれに合わせ83円まで上昇する形となりました。一方の週末のECOFIN(欧財務相会合)につきましては、事前にロイターで報じられた救済基金ESMとEFSFを合計した9400億EUR規模拡大の案について、ESM5000億EURに、EFSF4400億EURのうち、既に融資が決定している約3000億EUR分を合計した8000億EURに留まったことで、反対に失望的な結果を誘ってしまったのが実情であります。実質的に今回の決定で追加使用可能な資金は5000億EUR程度になったということになりますが、今後スペインでの財政緊縮策の不透明感やギリシャ総選挙などの不確定要素が控えているだけに、これでユーロが安定し、上値を試す地合いになると判断するのは少々安易すぎるような気がします。

3月も好評開催!8通貨原則固定スプレッド外為ジャパン


個々の材料およびテクニカル面につきましては、次回更新で取り上げて行きたいと思います。

では、今週も宜しくお願いします。


千里眼でした ☆.:*''

あわせて読みたい

「金融」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  9. 9

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  10. 10

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。