記事

老後資金作りは“損得勘定”を捨てなさい

老後に困らないベストな選択肢はなにか。各分野のプロフェッショナルに「より賢い選択肢」を聞いた。第2回は「一攫千金 vs 手堅く利殖 どんな手法がお勧めか?」――。(全11回)

※本稿は、「プレジデント」(2018年11月12日号)の掲載記事を再編集したものです

老後資金づくりは損得だけで考えない

人生100年時代。長生きは資産面から考えるとリスクともいえます。将来設計にしても、今は退職金をもらってから考えるのでは遅く、50代から取り組むべきです。そこでベースになる考え方は、「生涯にわたって得られる収入を増やす」ということです。

退職金は早く投資に回さなければと焦るのではなく、1年くらいは「退職金専用定期預金」に全額を預けて頭を冷やすといいでしょう。しかも金利はメガバンクでは0.5%程度、地銀では1%の例もあるなど、通常の定期預金より高めの設定。その間に運用先や老後のプランを考えればいいのです。

老後の生活を支える基盤は公的年金になります。いつかは底をつく金融資産などに比べて、一生涯続く「終身年金」のため、この金額が多ければ「長生きリスク」に対応しやすいのです。

それだけでは生活費が足らないという場合、次の準備として考えたいのが「トンチン年金」です。これは、解約時や死亡時の払戻金を抑えることで、長生きするほど得するタイプの個人年金保険です。


たとえば日本生命のトンチン年金「グランエイジ」では、50~70歳まで月額5万790円の保険料(20年間で総額1219万円)を払い込むと、70歳から年60万円(月5万円)の年金を一生涯受け取れます。

総務省の家計調査報告によると、高齢者夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の1カ月の平均支出は約26万円。対して1カ月の年金平均支給額は約22万円。基本生活費の不足は月4万円程度です。前述のトンチン年金に加入して総額約1219万円の保険料を払い込めば、100歳、120歳まで生きても、月に5万円入るので、不足分を賄えます。保険契約者が20年以内に亡くなると元がとれずに損だという意見もありますが、老後資金づくりを損得だけで考えるのは適当ではありません。死んでしまえばお金は必要ないと割り切りましょう。

理想をいえば、基本生活費の不足部分をトンチン年金で確保したら、ゆとり資金の部分をつみたてNISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)で税優遇を受けながら、分散投資で継続的に準備すること。探せば低リスクで投資妙味のある商品は必ずあります。一攫千金など論外、確実にコツコツと資産を増やしていくといいでしょう。

----------


深野康彦(ふかの・やすひこ)
ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルリサーチ代表。マネー商品全般、資産形成、資産運用に詳しい。著書に『55歳からはじめる 長い人生後半戦のお金の習慣』など。 

----------

(ファイナンシャルプランナー 深野 康彦 構成=高橋晴美)

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    HDD転売事件が世界最悪級なワケ

    新倉茂彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  3. 3

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  4. 4

    貧困シングルマザー生む単独親権

    田中俊英

  5. 5

    アンダーヘア脱毛 医師から賛否

    NEWSポストセブン

  6. 6

    首相補佐官が公費で京都不倫出張

    文春オンライン

  7. 7

    前夜祭巡りホテルが5000円否定か

    田中龍作

  8. 8

    HDD流出 騙しで揺らぐ信用業務

    自由人

  9. 9

    できる人の当たり前 通じぬ人9割

    藤沢数希

  10. 10

    話題の肛門日光浴 医学根拠なし

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。