記事

学校や教育委員会が虐待親にビビって子どもの命を売り渡さずに済む方法

1/2

「ありえない・・・!」

 最初に野田市教育委員会が、心愛(みあ)ちゃんのアンケートのコピーを虐待加害者本人に見せたニュースを知った時に、大声を出してしまうくらいに驚きました。

いじめ訴えアンケート父親に渡す NHKニュース

01月31日 11時51分

千葉県野田市で小学4年生の女の子が死亡し、41歳の父親が傷害の疑いで逮捕された事件で、女の子が「父からいじめを受けている」と訴えた小学校のアンケートのコピーを、市の教育委員会が父親からの要求を受けて渡していたことがわかりました。

今月24日千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さん(10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかった事件では、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が暴行を加えたとして傷害の疑いで逮捕されました。

野田市などによりますと、心愛さんはおととし11月に当時通っていた小学校で行われたアンケートで、「父からいじめを受けている」と訴え、1か月余り児童相談所に一時保護されました。

一時保護が解除されたあとの去年1月、栗原容疑者が小学校を訪れ、「娘に暴力は振るっていない」とか、「人の子どもを一時保護といって勝手に連れて行くのはおかしい」などと抗議したうえで、アンケートの回答を見せるよう強く求めたということです。

学校側は「個人情報なので父親でも見せることはできない」と拒否しましたが、その3日後に栗原容疑者が心愛さんの同意を取ったとする書類を持って市の教育委員会を訪れたたため、教育委員会はアンケートのコピーを渡したということです。

これについて野田市は「一時保護に対する父親の怒りを抑えるため、やむなくコピーを渡してしまったが、著しく配慮を欠いた対応だった。亡くなった心愛さんに大変申し訳なく思っています」としています。

【暴力的な親に「ビビって」子どもの命を売り渡す】

 非常に簡単に言うと、自分たちがabusive(虐待的な)父親に恫喝されて怖かったから、心愛ちゃんの必死のSOSのコピーを父親に渡した、となります。

 それが父親の手に渡ったら、心愛ちゃんが更なる虐待や口封じをされて、もう二度と助けてと言えなくなるのは、火を見るより明らかなのに。

 心愛ちゃんは、学校のアンケートに書かれていた、この文言を信じたでしょう。

 「このアンケートは、みなさんが、いじめのないたのしいがっこうせいかつができるようにするためのものです。ひみつをまもりますので、しょうじきにこたえてください」

 そして大人たちを信じ、こう書きました。

 「お父さんにぼう力を受けています。夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています。先生、どうにかできませんか。」

 この文章を見た時、僕は涙が出ました。

 こんなにもはっきり、SOSを出しているのに。

 ここで分かるのは、現在の教育委員会や学校に、子どもを守る能力は決定的に欠如している、ということです。

【「スクールロイヤー(学校内弁護士)を配備する」という解決策】

 しかしここで野田市教育委員会に電凸(電話でクレームを入れること)しても、僕たちの怒りは少しは収まるかもしれませんが、現場の職員が疲弊して、経験のある職員が辞めてしまったり、次の虐待に備える力が削られてしまったりするだけです。

 どうしたら、彼らのような「虐待親にビビってしまう」、ある意味ふつうの人たちが、虐待親に屈せずに子ども達を守れるようになるか、に知恵を絞らなければなりません。

 そこで考えられるのが、「スクールロイヤーの全学校区への配備」です。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜ「上級国民」を逮捕しないか

    深澤諭史

  2. 2

    池袋被疑者のさん付け報道に怒り

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    テレビ自らが放棄する報道の自由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    木嶋佳苗は魔性 新潮社員が吐露

    キャリコネニュース

  5. 5

    「バイキング」 瀧報道で失速か

    NEWSポストセブン

  6. 6

    池袋事故 SNSの削除は罪証隠滅か

    深澤諭史

  7. 7

    セブン騒動でコンビニ崩壊危機も

    大関暁夫

  8. 8

    GWのヒーローショーは悪役不足?

    BLOGOS編集部

  9. 9

    努力する目標を無くした安倍政権

    内田樹

  10. 10

    東大祝辞=説教 学生の感想に落胆

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。