記事

金利据え置きは適切、昨秋以降懸念材料を確認=米ダラス連銀総裁

[オースティン(米テキサス州) 1日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は1日、金利据え置きは適切な判断で、連邦準備理事会(FRB)は今後数カ月金利を維持すべきとの見解を示した。

カプラン総裁は、昨年10月から金融市場でのリスク台頭や国外での低調な動向を確認しているとし、12月以降、自身のスタンスに変更はないと語った。

さらに、インフレは引き続き抑制される見通しで、FRBが利上げに「忍耐強く」対応する余地をもたらすとの認識を示したほか、FRBはバランスシート戦略を巡り今後数カ月で結論を出す見通しと語った。

朝方発表された米雇用統計については、正社員としての就職を望みながらもパートタイム就労にとどまっている就業者の急増が示されたことに言及し、「ノイズが多い」と指摘した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。