記事

2月1日(金)ムネオ日記

「お父さんにぼう力を受けています。夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています。先生どうにかできませんか」(読売新聞1面)。
 この栗原心(み)愛(あ)さん(10歳)の虐待アンケートを千葉県野田市の教育委員会は、このコピーを父親に渡したという。何ということか。

 アンケートは秘密を守りますと書いてありながら、市教委が殺人に加担した行為と言ってよいのではないか。このコピーを渡した市教委は誰か、断罪に値する。

 心(み)愛(あ)さんの命がけの叫びを何故深刻に、重大に受け止めなかったのか。心ない行為にやり切れない思いである。

 衆・参両院で代表質問が行われたが、頻発(ひんぱつ)する児童虐待について議論がなかった。国民から選ばれた国会議員は、もっと生活感を持つべきではないか。社会問題として国民運動を展開する気概(きがい)を持ってほしい。

自分だけよければよいという自己保身ではなく、公(おおやけ)のことを特に声なき声に応える政治を是歩とも行うことを願ってやまない。

 毎月勤労統計の不正に対し批判が日に日に高まっているが、野党は安倍総理に矛先を向けているが、これは厚生労働省の不作為であり、不正を見逃してきた歴代厚生労働省幹部の責任である。

 組織のトップ、局長、審議官、課長がしっかりしていれば起こらないことである。組織が大きい、小さいの話ではなく、基本がなっていない。

 消えた年金に始まって厚労省は再々に渡り統治機能がなってない。この点、先ずは不正の原因究明をし、歴代の監督責任を問い、厳罰に処し、そこからが再生に向けてのスタートではないか。

 与・野党の垣根(かきね)を越えて、厚労官僚の横着(おうちゃく)さを明らかにするのが国民への責任である。

 午後の便で釧路に飛び、18時半より釧路管内弟子屈町で鈴木宗男・鈴木貴子後援会新年交礼会。

 残念ながら鈴木貴子代議士は防衛政務官としての関係で出席出来ず、ネットでの登場だった。

大勢の人が来て下さり、有難い限りだった。

※弟子屈町での鈴木宗男・鈴木貴子後援会新年交礼会






あわせて読みたい

「野田市の女児虐待死事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。