記事

中国3月製造業PMIは53.1と強かったがその解釈には注意が必要

週末に中国物流購買連合会(CFLP:China Federation of Logistics and Purchasing)が発表した3月の製造業PMI(購買担当者指数)は53.1と強い数字でした。

中国では2種類の購買担当者指数が報告されます。ひとつは政府の公式(official)な数字で、それが今回発表されたものです。もうひとつは香港上海銀行(HSBC)が集計した数字です。

CFLPの数字は国営企業を含む大企業が比較的多く、HSBCの数字には民間の中小企業が比較的多いとされています。

従って両者の数字は微妙に食い違いが出ることが多いです。

実際、HSBCの3月の購買担当者指数は48.3と弱い数字でした。

CFLPの数字は例年、3月に突出しやすい(下図参照)ことが知られています。
リンク先を見る

これはウォールストリート・ジャーナルの解説では旧正月の季節調整を巡るアノマリーだと説明されています。

いずれにせよ今回のCFLPの数字は割り引いて考えた方が良さそうです。

あわせて読みたい

「中国経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  2. 2

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  3. 3

    沖縄の民意無視 土砂投入に怒り

    五十嵐仁

  4. 4

    親世代と大違い 名門私立の凋落

    PRESIDENT Online

  5. 5

    HUAWEI排除「通信は安全」幻想に

    S-MAX

  6. 6

    賃金上昇せず 増税で景気後退か

    MONEY VOICE

  7. 7

    消費税 クレカ還元は金持ち優遇

    舛添要一

  8. 8

    パリ暴動 マクロン氏の冷酷措置

    田中龍作

  9. 9

    富裕層の贈り物はなぜ気が利くか

    内藤忍

  10. 10

    前原氏 バラバラ野党の現状謝罪

    国民民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。